忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Deep Purple / Machine Head (1972年)



今回紹介する名盤は世界一有名なリフを作曲したバンドのアルバムです。

ジャンル

ハードロック
アートロック
サイケデリックロック

イギリス

Jon Lord
Ritchie Blackmore
Nick Simper
Ian Paice
Rod Evans
Ian Gillan
Roger Glover


バンド

日本人に「パッと思い付いたロックな曲を鼻歌で歌って下さい」と問えばきっと「デッデッデェー♪デッデッデデェー♪」と返ってくるはずです。
日本ではある意味The BeatlesLed Zeppelinより有名かもしれません。

Deep Purpleが最も活躍していた70年代前半というのは60年代をぶち壊し、より激しく、より新しい音楽の再構築をしていったバンド達が切磋琢磨していたロック黄金時代と言っても過言ではないと思います。

そんな「ロック」というものが最も進化していた時代にDeep Purpleは誕生し、1976年に一度解散したのですが1984年に再結成し、現在も活動し続けているモンスターバンドでこの世にハードロックというものを世界に知らしめたバンドの一人と言えます。

初期のDeep Purpleはストリングスを大胆に取り入れたりしたアートロックとしてアメリカで人気を不動のものにしていましたが、本国イギリスではイマイチ評価されていませんでした。

そこで当時イギリスで人気を集めていたLed Zeppelinのようなハードなロックをすることにしました。
するとたちまちハードロックの2大バンドとしてLed Zeppelinと肩を並べ、その頃Black Sabbathも頭角を現してきて世界はハードロックで盛り上がったのです。

Deep Purple最大の武器は万人が1回聴いただけでガツンと響く「単純明快さ」にあると思います。

最後にDeep Purpleの代表曲「Smoke on the Water」の話を、この曲は偶然生まれたもので、Frank Zappaのライブ中に熱狂的なファンが信号弾を撃ち、それが天井に当たり火災が発生してしまいます。
その火災の煙が湖の水面に漂っている様子からインスピレーションを得たそうです。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第四部に登場する噴上裕也のスタンドの元ネタです。



アルバム

本作は第2期Deep Purpleの6枚目のアルバムなのでバリバリのハードロックアルバムになります。
アルバムの1曲目からいきなりDeep Purpleの代表曲「Highway Star」が流れ始めます。
そして、ロック界の代表曲と言っても過言ではない不滅の名曲「Smoke on the Water」も本作収録です。

実は本作のレコーディングは度重なるトラブルの末に行われました。
元々はスイスのモントルーにあるカジノでライブ形式で録音するつもりだったのですが、そのカジノの側でライブをしていたFrank Zappaの熱狂的なファンが天井に向けて信号弾を撃って建物自体が炎上してしまいました。

次なるレコーディング先を見つけて始めたのですが、あまりに爆音過ぎて近隣住民に通報されてしまい警察官が介入する事態までになりました。

途方に暮れていると地元市民が協力してくれて空いているホテルを貸してくれることになり、そのホテルの廊下でレコーディングをやっとのことで完成させたのでした。

Deep Purpleの代表作、いや、ハードロックを代表する名盤を是非。

Smoke on the Water


拍手[0回]

PR

キンセラファミリーツリー

Sam Zurick






Solo



Sam Zurickのソロプロジェクト




Victor Villarreal




Flashlight



Victor Villarrealがギターで参加したバンド


Ghosts and Vodka



Victor VillarrealとSam Zurickが参加し、日本のポストロックを代表するバンドtoeに影響を与えたバンド

Noyes



Victor Villarrealが参加したバンド




Present Victor Villarreal



Victor Villarrealのソロプロジェクト

Davey von Bohlen





The Promise Ring




Davey von Bohlenが参加していて、エモ御三家の1つと言われるバンド

Vermont



Davey von BohlenとPeleのChris Rosenauが参加したバンド

Maritime



The Promise Ringの意思を受け継ぎDavey von Bohlenが参加してるバンド

 


ここまではキンセラファミリー直系バンドでここからはキンセラファミリーに多大な影響を受けたであろうバンドです


This Town Needs Guns



The SmithsとRadioheadの叙情性にDeath Cab for CutieSunny Day Real Estateのエモ的な激しさ、そしてFoalsやBattlesのような緻密な演奏技術を併せ持ったモンスターバンド

+/- (Plus/Minus)



bloodthirsty butchersとのスプリット盤を出したこともある親日バンド

Colossal



Ghosts And VodkaとAmericanfootballを足したようなバンド

Aden



OwenとAmericanfootball足したようなバンド

拍手[0回]

キンセラファミリーツリー



今回は僕の大好きなキンセラファミリーをまとめてみました。
どんな物にも進化の歴史があり、それらはいろんな所で枝分かれしていきます。
そして今回はキンセラファミリーの樹系図を紹介していきたいと思います。





Cap'n Jazz



伝説の始まりであり、原点のバンドであります。

Tim Kinsella


Joan of Arc



Cap'n Jazzを解散後数多くのバンドに関わってきたTim Kinsellaですが、1995年に結成して以降ずっと活動を続けているバンドです。

The Sky Corvair



Tim Kinsellaがギタボで参加してるバンド

Tim Kinsellas



Tim Kinsellaのソロプロジェクト

Owls



Cap'n Jazzのメンバーがほぼ揃ったバンド

A Set


Tim Kinsellaがギタボで参加してるバンド

Friend/Enemy



Tim KinsellaとSam Zurickそして、Sunny Day Real EstateのNick Macriが参加してるバンド

Love of Everything



Tim KinsellaとSam Zurick、従兄弟のNate Kinsellaそして、2004年からJoan of Arcに参加してるBobby Burgのバンド

Everyoned



Tim Kinsella参加のバンド

Make Believe



Tim Kinsella、Sam Zurick、Bobby Burg、Nate Kinsellaの4ピースバンド

Mike Kinsella





The One Up Downstairs



Americanfootballの前身バンド

Americanfootball



Mike Kinsella参加のバンド

Owen



Mike Kinsellaのソロプロジェクト

Their/They're/There



Mike Kinsellaがドラムで参加してるバンド

つづきはこちら→

拍手[0回]

Moondog / Rare Material (2006年)




今回紹介する名盤はPhilip GlassやSteve Reichなどに影響を与えた個性的過ぎる孤高のホームレス音楽家のアルバムです。

ジャンル

現代音楽
ミニマル
クラシック
アンビエント

アメリカ

Louis Thomas Hardin


アーティスト

私とMoondogの出会いは行きつけのCDショップの現代音楽コーナーで「Rare Material」を見付けて、ジャケットから出てくるドラゴンボールの亀仙人やHUNTER×HUNTERのネテロ会長、バキの郭海皇のような達人的なオーラに目が止まったのが始まりでした。

そして私の勘は当たっていてMoondogの人生はとてつもないほど波乱万丈でした。

Moondogは5歳の時から厚紙の箱をドラムに見立てて演奏し始め、少し大きくなるとインディアンの酋長に教わりながらバッファローの皮を張り付けた太鼓を演奏します。

17歳の時炭鉱の作業中に火薬が目の前で爆発し、全盲になってしまい、その後は盲学校に通いながら音楽原理や作曲法を独学で学んでいきます。
1940年代末からの約20年間は好んで路上で生活していて、世間からは「6番街のヴァイキング」と呼ばれていました。

何故ヴァイキングと呼ばれていたかと言いますと、北欧神話を独自の解釈で自分で作ったこのような服を着ていたのです。

ゲームで出てきたら絶対強キャラ間違い無しです。

この路上生活で20世紀後半のクラシック界を牽引したLeonard Bernsteinやモダンジャズの父Charles Parker、スウィングの王様Benny Goodmanなどの著名人達と交流がありました。
路上で生活していた目の見えないMoondogは社会の流れを肌で感じとり、自らの音楽に組み込んでいったのでしょう。

Moondogは本当に多才で発明家という顔も持っていてトリンバなど数種類の楽器を発明したのです。
なんとそんなMoondogの奥さんはスズコという日本人なのだから驚きです。


アルバム

本作はそんな孤高の音楽家Moondogの歴史がよくわかる2枚組のベストアルバムになります。

Disk1には晩年の1995年にブラスバンドプロジェクトによって演奏されたアバンギャルドでジャジーな音源ばかりで、プロデューサーにはPaul McCartneyやElvis Costelloなどを手掛けたJohn Harleが参加しています。

そして、Disk2には初期の1949年~1956年に演奏された音源でMoondogの打楽器のみで構成されミニマルな雰囲気漂うばかりで、Moondog節を存分に味わえる作品で、これからMoondogを聴いてみたいという人におすすめな入門盤になっています。

この世で唯一無二の音楽家Moondogの初期から晩年までを厳選したレアな曲達を収めた名盤を是非。

New York


拍手[0回]

Steve Reich / Different Trains (1988年)

今回紹介する名盤はアメリカの雑誌ニューヨーカーで「現代における最も独創的な音楽思想家」と称された音楽家のアルバムです。

ジャンル

ミニマルミュージック
現代音楽

アメリカ

Steve Reich

アーティスト

Steve Reichは俗にいうミニマルミュージック四天王の一人であり、先駆者でもあります。
Steve Reichは同じ言葉を吹き込んだ二つのテープを再生した時に次第に生じてくる多少のズレをヒントに1965年に「It's Gonna Rain」1966年に「Come Out」を発表しました。
そして、フェイズシフティングという技法を突き詰めて1966年に「Reed Phase」を発表した後、「Piano Phase」「Violin Phase」などを立て続けに発表します。

1970年にガーナ大学で打楽器を学び1971年に「Drumming」1972年に「Clapping Music」を発表し、1973年にはバリで近年ヒーリングミュージックとしても注目されているガムラン音楽を学びます。
そして、1976年からSteve Reichはユダヤ人として自らのルーツであるヘブライ語聖書の伝統的な詠唱法を学ぶことで、「言葉が生む旋律」を再発見していき、これまでSteve Reichが得意としていたフェイズシフティングから離れることになります。

1974年にSteve Reichを世に知らしめた作品であるガムラン音楽やガーナで学んだパーカッションアンサンブルを巧みに操り演奏する「Music for 18 musicians」を発表します。

1984年には初の大オーケストラ作品「The Desert Music」を発表し、1988年にはKronos QuartetとPat Methenyが参加しグラミー賞最優秀現代音楽作品賞を受賞した「Different Trains」を発表し、音楽界の地位を不動のものにします。

Frank Zappaと共演したこともあるEnsemble Modernや6番街のヴァイキングと呼ばれていた現代音楽家のMoondogとも共演しました。

これまでの活動でManuel GöttschingもそうですがSteve Reichは後のテクノやエレクトロニカに多大な影響を与えました。

アルバム

本作は上記したようにKronos QuartetとPat Methenyが参加し1989年グラミー賞最優秀現代音楽作品賞を受賞した作品でSteve Reichの地位は不動のものになりました
Steve Reichが1歳の時に両親は離婚し、第二次世界大戦の頃は父親とニューヨークで暮らしていました。
そして、ロサンゼルスに移り住んだ母親に会うためによく汽車を利用していました。

Steve Reichはユダヤ人ということもあり、自分が幼少期の頃にヨーロッパで行われていたホロコーストに感心を持ち始め、強制収容所行きの汽車と自分のよく乗っていた汽車を結びつけたのがコンセプトになっています。

第二次世界大戦の時代を汽車の如く駆け抜けた人達のメッセージを収めた名盤を是非。
Different Trains

拍手[0回]

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]