忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Elvis Costello / My Aim Is True (1977年)




今回紹介する名盤は1990年以降最も成功したジャズシンガーDiana Krallの旦那さんのアルバムです。

ジャンル

ロック
ニューウェイヴ
パブロック

イギリス

Declan Patrick Aloysius MacManus


アーティスト

Elvis Costelloはジャズトランペッターの父親の影響で音楽に興味を持ち、10代の頃にはThe BeatlesやVan Morrison、The Band、Randy Newman、Gram Parsonsなどを好んで聴いて育ちます。

学生生活を終えるとコンピュータ技師の仕事をしながらバンド活動を続け、1976年頃にソロ活動を始めます。
そして、後のパンクムーブメントの火付け役Dr.Feelgoodのマネージャーの目に留まり1977年にNick Loweプロデュースで「My Aim Is True」発表し、パンクムーブメントという追い風もあり、注目され始めます。

そして、パンクムーブメントが去って多くのパンクバンドが風前の灯火の中Elvis Costelloの人気は以前変わりませんでした。

それもそのはず、Elvis Costelloはパンクムーブメントに乗っかって出てきた偽物バンドとはレベルが違ったのです。

日本では次作1978年発表の「This Year's Model」でデビューをしました。
その後もオーケストラとのコラボレーションなど多彩な活動を連発していきます。

その中でも1989年に発表されたPaul McCartneyとの共作「Spike」は話題を呼びました。
この時にElvis CostelloはPaul McCartneyにThe Beatles時代のトレードマークでビートルズベースとまで呼ばれていたヘフナーを弾くようにアドバイスしました。

因みにElvis Costelloという名前はElvis Presleyと父方のおばあちゃんの旧姓を合わせた名前で本名ではありません。。

Elvis Costelloはローリングストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティストで80位にランクインしていて、Elvis Costello & the Attractions名義でロック殿堂入りも果たしてします。

またMr.Childrenの「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」はElvis Costelloを丸パクリしたと公言しています。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第六部に登場するエルメェス・コステロの元ネタです。

アルバム

本作はElvis CostelloのデビューアルバムでNick Loweのプロデュースで現在ではローリングストーン誌が選んだオールタイム・ベスト・アルバム500で168位にランクインしています。

本作の発表された1977年にはSex Pistolsの「Never Mind the Bollocks 邦題 勝手にしやがれ‼」やThe Clashの「The Clash 邦題 白い暴動」が発表されたパンクの黄金期なんです。

そんな時代に眼鏡をかけた普通のサラリーマンみたいな身なりの男がポップなロックを鳴らしていたと思うと不思議です。

しかし、よく考えてみるとElvis Presleyの名前を拝借しBuddy Hollyのような眼鏡をかけられるのは並みのハートではできないでしょう。

草食男子のパンク魂が込められた名盤を是非。

Alison



拍手[0回]

PR

Frank Zappa / Hot Rats (1969年)



今回紹介する名盤はJohn Lennonと仲の良かった変人ギタリストのアルバムです。

ジャンル

ロック
ジャズ
前衛音楽

アメリカ

Frank Vincent Zappa


バンド

Frank Zappaほど書くことが盛りだくさんな人はいないんじゃないかと思うので、いくつかかいつまんで書きたいと思います。

Frank Zappaは少年時代からIgor StravinskyやAnton Webern、Edgard Varèseなどの現代音楽やClarence BrownやJohn Watson、Guitar Slimなどのブラックミュージックを聴いて育ちます。

そして、時が経ちFrank ZappaはThe Soul Giantsに加入し瞬く間に中心人物へとのし上がっていき、当時Bob DylanやThe Velvet Underground、Simon & Garfunkelなどを手掛けていたTom Wilsonに見出だされThe Mothers of Inventionとバンド名を変え1966年に「Freak Out !」を発表しました。

「Freak Out !」はロックの歴史上で初めてのコンセプトアルバム、2枚組みアルバムなんです。
またThe Beatlesの「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」に多大な影響を与えました。

それ以後アメリカではヒッピームーブメントが起きサイケデリックロックが席巻しFrank Zappaは1968年にSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandのパロディとして「We're Only in It for the Money」発表し、それらを風刺しました。
そして、数枚アルバムを発表した後解散しソロで活動を始めます。

Frank Zappaのライブ中に観客が天井に向けてフレアガンを発射して火災事故が起こりました。
それをホテルから湖の対岸にモコモコ浮かぶ煙を見ていたDeep Purpleはこの事を切っ掛けで代表曲「Smoke on the Water」が生まれました。

Frank Zappaは高い技術を持つ名手達を集めるためにバンド自体を音楽学校としました。
Zappaバンド卒業生にはKing CrimsonのギタリストAdrian Belewに始まり、Steve Vai、Jean-Luc Ponty、Eddie Jobson、Vinnie Colaiuta、George Duke、Terry John Bozzio、Morgan Ågren、Mats Öbergなど一筋縄じゃいかない超一流ばかりです。

1993年に亡くなってからも音源が発表され続け、現在までで約100枚の作品を発表する多作家でローリングストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリストに22位にランクインしています。

アルバム

本作はThe Mothers of Inventionを解散してから2枚目の作品になります。
本国アメリカでは173位だったのですが、イギリスでは高く評価されて全英9位の大ヒットとなりFrank Zappaの代表作の1つであります。

イギリスのメロディーメイカーという音楽専門新聞の人気投票でアルバム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされました。

本作ではボーカルに親交の深かったCaptain Beefheartが参加しています。
Frank Zappaは本当に様々な音楽を含んでいて聴き辛い印象があった私でしたが、本作はひねくれジャズロックでとても楽しく聴けます。

天才、奇才、鬼才という才の塊が実力者達と楽しく奏でた音楽、唯一無二の名盤を是非。

Peaches en Regalia


拍手[0回]

Oasis / (What's the Story) Morning Glory? (1995年)



今回紹介する名盤はブリットポップの火付け役となった2大バンドの1つのアルバムです。

ジャンル

ブリットポップ
オルタナティヴロック

イギリス

Liam Gallagher
Noel Gallagher
Gem Archer
Andy Bell
Chris Sharrock
Zak Starkey

バンド

1994年4月5日にNirvanaのKurt Cobainの自殺という突然の出来事にファンはショックを受け、音楽業界は混乱しグランジブームが終わりを迎えました。
そんな中2つのバンドが新たな流れを作り出します。

そのバンドとはDamon Albarn率いる「Blur」とGallagher兄弟率いる「Oasis」の2つのバンドです。
ブリットポップムーブメントは1994年に発表されたBlurの3枚目のアルバム「Parklife」とOasisのデビューによって火が付きました。

Oasisはこれまでに7000万枚以上売り上げ、2005年には過去10年間でイギリスで最も成功したバンドとしてギネスに認定されるほどのバンドなんです。

ロックミュージックというものは音楽ジャンルによって様々なファッションがあり流行を作ります。
例えば、Elvis Presleyはリーゼントに革ジャン、The Beatlesはマッシュルームカット、NirvanaのKurt Cobainは古着、そしてOasisのGallagher兄弟はウインドブレイカーやジャージといった普段着ファッションは当時とても新鮮でした。

Liam GallagherはQ誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガーで第11位にランクインしていて、1990年代以降のイギリスのロックシーンで最も認知されているロックシンガーといえます。

Noel Gallagherとの兄弟喧嘩や破天荒な言動と立ち振舞い、あげくの果てに二日酔いでステージに上がったりというロック魂溢れるダメダメ人間ですが、以外と子ども思いのいい父親で自分の子どもを学校まで毎日送り届けたり、学校で生徒たちに音楽を教えたり、一緒にサッカーをやったりしているのです。

2009年のNoel Gallagherの脱退で事実上解散となり、残った他のメンバーで「Beady Eye」を結成しましたが2014年に解散しています。
因みにジョジョの奇妙な冒険 第五部に出てくるセッコのスタンドの元ネタです。

アルバム

本作はOasisが1番売り上げた作品でイギリスだけで440万枚以上売り上げ、他の世界も含めると2300万枚以上にもなります。

これはQueenの「GREATEST HITS」、The Beatlesの「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」に次ぐ第3位になります。

また、2010年に行われたブリットアワードでは「過去30年間のベストアルバム」に選ばれたり、ローリングストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500で378位にランクインするなど歴史的名盤といえるアルバムです。

本作でOasisはロックスターの仲間入りしたといえるのではないでしょうか。
ジャケットデザインの道路の写真はGallagher兄弟が敬愛するThe Beatlesのアルバムである「Abbey Road」のオマージュと言われています。

「Roll With It」「Wonderwall」「Don't Look Back in Anger」「Some Might Say」などOasisの代表曲だらけで、もはやベストアルバムと言えるくらい名曲だらけです。

洋楽の名盤を探していると必ず目にすると思います。

ブリットポップ全盛期から今まで消えることなく燦然と輝く歴史的名盤を是非。

Wonderwall


Don't Look Back in Anger


拍手[0回]

The J. Geils Band / The J. Geils Band (1970年)



今回紹介する名盤はアメリカのThe Rolling Stonesと称されるバンドのアルバムです。

ジャンル

ロック
ブルース

アメリカ

J. Geils
Magic Dick
Danny Klein
Seth Justman
Peter Wolf
Stephen Jo Bladd


バンド

The J. Geils Bandというと1981年発表「Freeze Frame」からシングルカットされ全米1位に輝いた「Centerfold(邦題 堕ちた天使)」しか知らないという人もいるかと思いますが、The J. Geils Bandの本当の姿はブルースやR&B、ファンクを愛し続けひたすら黒い演奏をライブで本領発揮するB級バンドなんです。

The J. Geils Bandは元々J. GeilsとMagic Dick、Danny Kleinの3人でアコースティックブルースバンドとして活動していて、そのライブを見て共感したのが当時ラジオのDJとして活躍していたPeter Wolfでした。
そして、Peter Wolfが組んでいたThe Hallucinationsでドラムを叩いていたStephen Jo Bladdと共にThe J. Geils Bandに加入したのです。
その少し後にSeth Justmanが加入してThe J. Geils Bandは完成されました。

それからThe J. Geils Bandはライブを精力的に行っていきメキメキと力をつけていきます。
ウッドストックに参加しないか声を掛けられたり、Fleetwood MacやJeff Beck、Black Sabbathの前座を担当したり、The Beach Boys、The Allman Brothers Bandと共演したりと業界人や耳の越えたリスナー達に評価され始めます。

レコードこそ売れませんがローリングストーン誌の71年ベスト ニュー バンドに選ばれたりしていたのです。

なぜ当時の一般リスナーに支持されなかったのかというと、サイケやプログレ、ハードロックが全盛期なのにも関わらず、古臭いブルースをやっていたのが大きいのではないでしょうか。

でも逆にそのブルース愛が一部のコアなファンの心を掴んで話さなかったのでしょう。

しかし、1980年前後から少しずつ音楽に変化が見え始めて、1981年に発表された「Freeze Frame」からシングルカットされた「Centerfold(邦題 堕ちた天使)」はついに全米1位を獲得しました。

しかし、悲しいことに昔からのファンには産業ロックと流れたと言われ不評でした。
そして、1983年にThe J. Geils Bandの顔であったPeter Wolfが脱退し、1985年にThe J. Geils Bandは活動を停止せざるを得ない状況となりました。

私はリアルタイムで聴いていないので初期のThe J. Geils Bandも後期のThe J. Geils Bandもどっちも好きです。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第三部に出てくるJガイルの旦那の元ネタです。


アルバム

本作はそんなThe J. Geils Bandの初期の初期、デビューアルバムになります。

デビューアルバムでこの完成度と驚かされますが全曲それまでずっとライブで演奏しまくっていた曲なので、レコーディングはたったの18時間という早さで完成されました。

11曲中6曲はカバーで5曲がオリジナル曲になっていますが、どの曲もいい意味で野暮ったく渋くて男臭いんです。

だけど、何処と無くポップでノリがいいんです。

最近のロックは やたらとナヨナヨしていたり、逆にただうるさいだけだったりして楽しくないという人は必聴です。

黒人音楽を愛して止まない者達が真っ黒に奏でた名盤を是非。

Homework


拍手[0回]

Libera / Libera (1999年)



今回紹介する名盤は天使の歌声を持つ少年合唱団のアルバムです。

ジャンル

クラシカル クロスオーバー
ポップオペラ
聖歌隊

イギリス

Robert Prizeman


アーティスト

Liberaという言葉はラテン語で「自由」という意味が込められ作曲家Robert Prizemanが指揮を執る40人ほどで編成される少年合唱団です。
このLiberaとしてのプロジェクト自体は3形態目で1984年にThe St. Philips Boy's Choirとして活動を開始して1990年にAngel Voicesへと変わり、1998年に現在のLiberaとなります。

Liberaのトレードマークと言えば天使のような真っ白なローブですが、これはAngel Voices時代からの名残になります。
少年合唱団というと真っ先に思い浮かぶのはウィーン少年合唱団だと思いますが、私はLiberaの方が好みでした。

というのもAngel Voices時代までは普通の聖歌隊だったのですがLiberaからはハウス的なビートを大胆に取り入れたサウンドが新しかったからです。
ウィーン少年合唱団は声変わりしたら終わりですが、Liberaは低音パートがあるのでそのまま活動を続けたりボイストレーナーやコンサートスタッフとしてなど何らかの形でLiberaに残れるのです。

その他にもウィーン少年合唱団の黒い噂で素直に音楽そのものを楽しめなくなってしまったというのもあります。
やはり音楽は楽しくないとね。

因みに海外で支持が高い「ICO」というゲームの主題歌を歌っているSteven GeraghtyはLiberaのメンバーです。

アルバム

本作はLiberaと改名して1発目のアルバムで私は本作が1番好きです。

何故なら、本作以降少しずつ打ち込みビートが無くなっていきます。

当然歌声だけで素晴らしいんですが、隠し味の電子音が非常にいい味を出しているんです。
Enigmaの「MCMXC a.D. 邦題 永遠の謎」のような雰囲気が好きならきっと気に入ることだと思います。

自由に音で遊ぶ天使達の歌声が聴ける名盤を是非。

Libera


拍手[0回]

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]