忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

OKI DUB AINU BAND / OKI DUB AINU BAND (2006年)



今回紹介する名盤は日本の約2割の面積を占める北海道の民族「アイヌ」を代表するバンドのアルバムです。

ジャンル

ワールドミュージック
レゲエ
ダブ

日本

OKI
居壁太
沼澤 尚



バンド

私がOKI DUB AINU BANDを知ったのは新婚旅行で北海道一周をしている時にアイヌ民族博物館を訪れて、スタッフの人達が民族衣装に身を包みアイヌの踊りや歌や演奏を見せてくれた時でした。
その時女性が一人でマイクの前に立ち、口元で手を動かすとまるで電子音楽のような「ビョヨーン!ビョヨーン!」と音が鳴り、私は一瞬で惹き付けられました。

すぐに土産屋さんに向かうとその楽器はムックリという名前でとても小さな竹の板に紐が付いてるだけの質素な物でした。

その土産屋さんでOKI DUB AINU BANDのCDが置いてあったので試聴したら、私好みのあまりのかっこ良さにすぐに購入しました。
OKI DUB AINU BANDは北海道のアイヌ民族に伝わる伝統弦楽器トンコリ奏者のOKIが中心に活動する世界でも珍しいアイヌルーツバンドなんです。

トンコリを電子化に改造して現代に甦らせ、そこにギター、ベース、ドラムといったオーソドックスなバンド編成でアフロビートやレゲエ、ダブ、ロックなどを巧みにミックスさせたサウンドに乗せてアイヌ語で歌う音世界は唯一無二です。

数多くの海外フェスでライブを行い、作品も定期的に発表して、2006年のアルバム「OKI DUB AINU BAND」にてついに日本上陸しました。

世界最大規模のワールドミュージックフェスとして知られる「WOMAD」に始まるアジア、アメリカ、ヨーロッパなど世界各地でツアーを成功させ、また日本国内も北海道を中心に数多くのフェスやイベントに出演し話題になりました。

2010年には「SAKHALIN ROCK」を発表し、国内ツアーと台湾、ネパールでライブをして、2016年には待望の新作「UTARHYTHM」を発表し、国内ツアーを行います。

アルバム
本作はOKI DUB AINU BANDのセルフタイトルの意欲作でジャケットには北海道を象徴する熊がデザインされています。
一発目「East of Kunashiri」からトンコリ独特の魅惑なサウンドに他にはない唯一無二感を感じるはずです。

トンコリにはフレットが無く全て開放弦というハープのような構造なんですが弦が5本しかなく、ギターのような空洞がなく音量の増幅もできないのです。
この不思議な楽器トンコリの理にかなっていないところが得も言えぬ魅惑さを感じさせるのかもしれません。

またトンコリのデザインは女性の身体をモチーフにしたと言われています。

北海道のような広大なサウンドと大自然のエネルギー、トンコリやムックリといったアイヌの魂が込められた名盤を是非。

East of Kunashiri


拍手[0回]

PR

Ronan Hardiman / Solas (1998年)



今回紹介する名盤はアイルランドの民族音楽であるケルト音楽とポップミュージックを掛け合わせたアーティストのアルバムです。

ジャンル

ケルト
ヒーリング音楽
アイリッシュ音楽

アイルランド

Ronan Hardiman


アーティスト

Ronan Hardimanは幼少期からロックやポップスを好んで聴いていた反面、家族や周りの人の影響で伝統的なアイリッシュ音楽にたくさん触れていました。
そんな少年時代を過ごしたRonan Hardimanはアイルランドの銀行で事務員として12年間普通に働いていましたが、音楽への熱は冷めておらず、仕事の合間にバンド活動をしていました。

仕事を辞めた後Ronan Hardimanはアイルランドの伝統的なケルト音楽とポップミュージックを掛け合わせた独自の音楽でラジオやテレビなどを通して少しずつ知名度をあげていき、アイルランドで有名なドキュメンタリー番組のテーマ曲を担当するほどになりました。

それ以降番組は勿論のこと、舞台や映画、フィギュアスケートなど活躍の場を広げていきました。
Ronan Hardimanを不動の地位にした作品がMichael Flatleyが監督していた舞台「Lord of the Dance」です。

Lord of the Danceはイギリスではロンドンウェンブリーアリーナ公演で連続21回ソールドアウトし、アメリカではアカデミー賞受賞式で超人的なパフォーマンスを披露し大盛況しました。
そんな大舞台の音楽を担当してRonan Hardimanの名は世界に知れ渡りました。

アイルランドのミュージシャンと聞いて1番初めに思い浮かべるのはEnyaではないでしょうか。
Ronan Hardimanの音世界もEnyaのような美しく神々しいケルト音楽なのですが、先ほどから書いてあるようにRonan Hardimanはポップミュージックにも影響を受けているので非常に聴きやすいと思います。

日本でもテレビやラジオでよく使用されているので、聴いたことがある曲が流れてくるかもしれません。

アルバム

本作はRonan Hardimanの代表作品1996年発表の「Lord of the Dance」と1999年発表の「Feet of Flames」の間に発表されたので世間的には少し影が薄い作品かもしれませんが、アルバムの完成度はこの2つの代表作に引け劣らないクオリティで本作が1番いい意味で聴きやすい作品かと思います。

調べてみると本作のタイトル「Solas」とはアイルランド語でシングルという意味を持つそうです。
このタイトルの意味を私なりに解釈してみますと、舞台音楽や映画音楽を主に作曲してきたRonan Hardimanがシングルカット出来る曲で構成したアルバムということではないでしょうか。

そう思えるくらい1曲1曲が粒揃いなのです。
Enyaのような壮大で神々しいサウンドが好みなら本作もきっと琴線に触れることでしょう。

アイルランドの人間にしか出せない音の空間の美しさを感じます。

結婚式などで流れてきたら感動間違いなしでワンランク上の結婚式になると思います。

聴いているだけで感動し、幸せになれる名盤を是非。

Heaven


拍手[0回]

Nico & Vinz / Black Star Elephant (2014年)



今回紹介する名盤は2015年のサマソニで最高のパフォーマンスを魅せてくれた2人組のアルバムです。

ジャンル

アフロビート
ヒップホップ
R&B

ノルウェー

Nico (Kahouly Nicolay Sereba)
Vinz(Vincent Dery)


アーティスト

Nico & Vinzは2009年から活動を開始して、2010年の「The Emerging Festival」というコンテストで優勝し、ここから快進撃の始まりです。

北欧中にNico & Vinzの名前が轟き、2011年に「One Song」でデビューするとノルウェーのグラミー賞と言われるSpellmann Awardを受賞します。
そして、2013年発表の「Am I Wrong」が世界的にはほぼ無名ながらドイツのiTunesシングルプレオーダー歴代最高数を記録するなどヨーロッパを席巻し、全英1位全米4位を記録する大ヒットとなりました。

さらに次曲「In Your Arms」も大ヒットし、2013年末に行われたノーベル賞受賞式コンサートで、この2曲を披露して世界的アーティストとして認知されました。

Nico & Vinzとして紹介していましたがここまでの活動はNico & Vinzという名前ではなく「Envy」という名前で活動していました。

2013年発表の「Am I Wrong」が大ヒットし、世界に羽ばたくために2014年に自分達の名前であるNico & Vinzとして活動を始めていきます。

アフリカ系ノルウェー人なので民族的なリズムやサウンドの中に、北欧のオシャレなテイストが含まれていて「新時代のネイチャー・サウンド」と形容される独特な音楽に仕上がっています。

2015年のサマソニに行ったのですがNico & Vinzのパフォーマンスは最高でした。
快晴の夏空と入道雲を背にして、片手にビールというロケーションでNico & Vinzのライブを観ましたが、日々の疲れやストレスは汗と一緒に流れて消えてしまうほどの爽快感でした。

アルバム

本作は世界で勝負するためにNico & Vinzと改名してから初めてのアルバムなので、溢れんばかりの充実感です。

「Nico & Vinzのアルバム」というより「Am I Wrongが入ってるアルバム」という目的で本作を購入した人も多いはずですが、そういう人にはうれしい誤算があるでしょう。

それくらい他の曲も個性的で魅力的なのです。
「Am I Wrong」は勿論名曲なんですがハーモニカの音で明るく楽しくなる「Homeless」や徐々にスピードアップしていき疾走感のあるクールな「Last Time」など聴き所満載となっています。

21曲と曲数は多いですが、その内の7曲はアルバムの世界観を演出するための数十秒の民族音楽なので、トータルすると60分ほどです。

アフリカの血がたぎるほど熱いアフロビートに北欧のクールなサウンドが丁度いい名盤を是非。

Am I Wrong


拍手[0回]

Antônio Carlos Jobim / Wave 邦題 波 (1967年)



今回紹介する名盤はJoão GilbertoやVinícius de Moraesと共にボサノヴァ創始者の一人とされるアーティストのアルバムです。

ジャンル

ボサノヴァ

ブラジル

Antônio Carlos Brasileiro de Almeida Jobim


アーティスト

Antônio Carlos JobimはTom Jobimとも呼ばれていました。(以下Tom Jobim)

Tom Jobimはブラジル近代音楽の父の異名を持つPixinguinhaやクラシック音楽にブラジル音楽を取り入れた大作曲家Heitor Villa-Lobos、そして代表作「海」「夜想曲」などで知られるDebussyから影響を受けました。

14歳頃からピアノと作曲を始め、将来は音楽家を志す少年時代を過ごしますが大きくなるにつれて、家族を養うことを考えて建築を学びました。
結婚もして働き始めましたが、やはり音楽のことを忘れきれずピアノ奏者としてひっそりと活動していました。

そして、売れないピアニストとして終わらないのがTom Jobimなんです。
ブラジルのクラシック音楽とポピュラー音楽に関わっていたRadamés Gnattaliに見出だされ、楽譜がわからないアーティストの曲の譜面起こしや編曲の仕事などを任されました。

地道に頑張っていたTom Jobimについにチャンスが訪れます。
ボサノヴァ創始者の一人Vinícius de Moraesが制作した舞台「オルフェウ・ダ・コンセイサォン」(後に「黒いオルフェ」として映画化され大ヒットする)の音楽を担当し、有名作曲家の仲間入りを果たしました。

そして、Tom JobimとVinícius de Moraesで作り上げた「想いあふれて」をボサノヴァ創始者の一人João Gilbertoに演奏してもらいボサノヴァが誕生しました。
するとブラジルでボサノヴァムーブメントが起こりました。

そして、Tom Jobimの代表曲「イパネマの娘」はThe Beatlesの「Yesterday」に次ぐほどカバーされるボサノヴァの代表曲です。

Tom Jobimは音楽の他にもう1つ好きなものがあります。
それは飛行機を眺めることでした。
飛行機好きが高じてヴァリグ・ブラジル航空のCMソングとして作詞・作曲した「ジェット機のサンバ」を提供したり、Tom Jobimの死後、彼の功績を称えるためにガレオン空港は「アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港」と改名されました。

また、ブラジルではTom Jobimの死に際して大統領は国民に3日間の喪に服すようにと話したそうです。

アルバム

本作はTom JobimがA&Mに移籍して1発目のアルバムになります。

ジャズ界では有名なベーシストRon Carterがベースを担当しています。
ボサノヴァというと呟くようなボーカルが特徴的ですが、本作は「Lamento」を除く全てがインストなんです。

純粋なボサノヴァとは少し違っていて、ボーカルの代わりにストリングスを導入し、とても高度で繊細な音楽に仕上がっています。

しかし、本作は「究極のイージーリスニングミュージック」として親しまれました。

高い音楽理論に基づき、超一流の奏者がここまで洗練された演奏をしているのに「究極の簡単に聴ける音楽」だと?と疑問に思いしましたが、カフェやレストラン、部屋、車中、屋外そして、朝昼晩いつでも気軽に聴けて雰囲気を作ってくれる音楽はめったにありません。

しかも音楽好きは勿論、音楽に興味の無い人でも不快にならない音楽なんです。

引力や風など様々な難しい要因が複雑に重なって発生する穏やかな波のような名盤を是非。

Wave


拍手[0回]

栗コーダーカルテット / 笛社会 (2007年)



今回紹介する名盤は「やる気のないダースベイダーのテーマ」とネットやラジオで話題になったバンドのアルバムです。

ジャンル

ニューエイジ
イージーリスニング

日本

栗原正己
川口義之
関島岳郎
(近藤研二)


バンド

栗コーダーカルテットはメンバー全員が作曲編曲のできて、尚且つメンバー全員マルチプレイヤーというスーパーバンドであります。
それなのに気の抜けたサウンドが非常に心地好いんです。

栗原正己は「ピタゴラスイッチ」や「おかあさんといっしょ」などの子ども向け番組から「あずまんが大王」や「毎日かあさん」などのアニメ、そして数多くのCMまでと幅広く楽曲提供を行っています。

川口義之「恋する雑貨」や「野田と申します」のテーマ曲を提供したり、渋さ知らズのメンバーとしても活躍しています。

近藤研二は相対性理論と共演したり、ももいろクローバーZの曲をアレンジしたり、栗コーダーカルテットやhi-posiをはじめとする様々なバンドで活躍しています。
また、アカデミー短編アニメ賞を受賞した「つみきのいえ」の音楽を担当しています。

関島岳郎はポップミュージック界では貴重なテューバを演奏出来るとあってライブやレコーディングなどで様々なアーティストと共演しております。
また、自身も生楽器と電子音をうまく合わせたぼんやりとしたアンビエント系の音楽を作曲しています。

栗コーダーカルテットは1997年に初めて発表したアルバム「蛙のガリアルド」を期にアニメやドラマのBGMを担当することが増えました。

2000年に「おかあさんといっしょ」の挿入歌である「あめふりりんちゃん」を担当し、2002年には今や万人が知っているピタゴラスイッチの音楽を担当しました。

そして、2005年に発表したオムニバスアルバム「ウクレレ・フォース」の「帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)」が「やる気のないダースベイダーのテーマ」と話題になり一躍有名になりました。

今やテレビを見ていると聴かない日はないというくらいバラエティーや教育番組、CMなど様々な番組で使われるくらい使いやすい音楽なのでしょう。


アルバム

本作はそんな栗コーダーカルテットの2007年発表の5枚目のアルバムで有名になってから初めてのオリジナルアルバムで注目されていました。

1曲目の「ベルニナ急行食堂」からゆるい疾走感があり、思わずニヤニヤしてしまいます。
3曲目の「アップ・オン・ア・ムーンヒル 〜桂林を下って月の丘に昇る〜 」のほのぼの系音楽がゆる~り流れてリラックスできます。

朝日を浴びモーニングを食べながら聴くも良し、昼間に散歩しながら聴くも良し、夜に少ない明かりの中で聴くも良しといったように時場所を選ばないで聴けます。

本作を聴くとストレスを「解消」するのではなくストレスを体から流れ出してくれる気がします。

このストレス社会を忘れさせてくれる笛社会はデトックス効果のあります。

仕事の疲れや悩みなどの心の老廃物を流し出してくれる名盤を是非。

おじいさんの11ヶ月


拍手[1回]

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]