忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Travis / Where You Stand (2013年)



今回紹介する名盤はOasisのNoel Gallagherがファンだと公言するバンドのアルバムです。

ジャンル

ブリットポップ
オルタナティブロック

イギリス

Fran Healy
Andy Dunlop
Dougie Payne
Neil Primrose



バンド

Travisはブリットポップ終期にOasisのフォロワーを思わす「All I Want To Do Is Rock」を発表し、Noel Gallagherのお眼鏡にかないOasisのツアーの前座を務めました。
その年の1997年に注目を集める中「Good Feeling」を発表し、全英9位という華々しいデビューを飾ります。

1999年にはNigel Godrichをプロデューサーに迎えた「The Man Who」が全世界で400万枚も売り上げ全英1位を獲得します。
期待が高まる中2001年に発表された「The Invisible Band」でも全英1位を獲得し、イギリスを代表するバンドの仲間入りを果たしました。

この作品はTravisにとってとても重要な意味があります。
というのは、Travisというバンドは一貫して「楽曲至上主義」というスタンスであり続けていてFran Healyは「バンドより曲の方が大切なんだ、残っていくのはバンドではなくて楽曲だけでいい」と発言しています。

また、ロックスターの座についた今もなおFran Healyは「僕たちの場合は色々とタイミングが良くて売れたというだけ」と発言する謙虚さで人格者として有名なバンドなんです。

もしバンドがしたいのに保守的な親から「そんな野蛮なことはいけません」みたいなことを言われたら「お母さんはTravisを知らないの?」と引き合いに出せば有利に話を進められるかもしれませんね。

2003年に「12 Memories」を発表し、2004年には初のベストアルバム「Singles」を発表しました。
その後もコンスタントに作品を発表していき、2016年には最新作「Everything At Once」を発表し2016年開催されたHostess Club presents Sunday Specialではヘッドライナーを担当し、4度目のフジロックで再来日をしました。

因みにスピッツの「若葉」はTravisの影響でマンドリンを取り入れたそうです。


アルバム
2008年に発表した前作「Ode To J. Smith」は全英20位でしたが、そこから5年のインターバルで練りに練った本作はTravisらしいメロディーが復活して全英3位の力作が出来上がりました。

Travisファンからしたら「おかえり!」と言いたくなるような爽やかなメロディーの曲達が迎えてくれます。
派手さはないですが耳障りの良い心地好いキラキラしたアコギのサウンドにFran Healyの優しい歌声で包み込まれるような感じがします。

Travisのコンセプト「楽曲至上主義」は本作でも健在で曲作りの時にラジオで流れて「誰の曲かわからないけどいい曲だな」となるように意識しながら製作したので、無色透明な印象を受けるのはそのせいかもしれません。

大衆に受けて、尚且つ廃れない曲を作るのは至難の業だと思います。

優しくハグをされて包み込まれるような名盤を是非。

Where You Stand


拍手[0回]

PR

Tedeschi Trucks Band / Revelator 邦題 預言者 (2011年)



今回紹介する名盤は世界一ギターの上手い夫婦のバンドのアルバムです。

ジャンル

ブルースロック
サザンロック
ブルース

アメリカ

Susan Tedeschi
Derek Trucks



バンド

Tedeschi Trucks Bandは妻Susan Tedeschiと夫Derek Trucksの夫婦が中心となって活動するバンドになります。

まず二人の紹介をすると、妻のSusan Tedeschiは幼少期からLightnin' HopkinsやMississippi John Smith Hurtなどのブルースを聴きながら育ち、13歳で早くも地元のバンドに参加し活動していました。
そして、バークレー音楽院に入学しゴスペルを学び、25歳の時にSusan Tedeschi Bandを結成し、Bonnie Raittを彷彿させる歌唱スタイルで少しずつ知名度を上げていきます。

1998年に発表した「Just Won't Burn」では1999年のグラミー賞最優秀新人部門にノミネートされ、2002年のグラミー賞最優秀女性ロックボーカル部門にもノミネートされるほどの実力の持ち主なんです。

Derek Trucksは多彩な音程を何食わぬ顔で弾きこなすスライドギターの名手でJohn MayerとJohn Fruscianteと合わせて「現代の三大ギタリスト」とされています。

また、ローリングストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリストでは第16位にランクインしております。
10代そこそこでThe Allman Brothers Bandにゲスト参加し、20歳の若さで正式メンバーとなりWarren Haynesと共にリードギターで活躍しました。

このThe Allman Brothers Bandの前座にSusan Tedeschiが起用され2人は出会い、そのままめでたくゴールインするのです。
まさかThe Allman Brothers Bandが愛のキューピットになるなんて思いもしなかったでしょう。

それぞれ自身のバンドをしていた2人ですが、2010年にTedeschi Trucks Bandを結成し、2011年に発表した「Revelator」はいきなりグラミー最優秀ブルーズアルバム賞を受賞しました。

2012年に「Everybody's Talkin'」2016年に「Let Me Get By」をそれぞれ発表し、精力的に活動を続けています。


アルバム
本作はTedeschi Trucks Bandとしては初めての作品でグラミー最優秀ブルーズアルバム賞を受賞した作品になります。

双方実力は折り紙つきなので、期待度はとても高かったのにも関わらず、そのハードルをさらに越えるクオリティです。
太陽の日差しのような暖かいサウンドなんですが11人の名手達の確かな演奏でブルースの深みを味わえます。

この暖かいサウンドはプロデューサーJim Scottと2人の意思でアナログレコードのような録音にしようということで、あえて各パートの音圧や録音レベルを抑えレコードのような雰囲気に仕上げました。

本作は外を散策しながら聴いて良し、夜にしっとりと聴き込むも良し、ドライブのお供にも良しの時や場所を選ばず聴けるオールラウンドなアルバムです。

古き良きブルースの素晴らしさを11人の最新の感性で甦らせた名盤を是非。

Come See About Me


拍手[0回]

AC/DC / Back in Black (1980年)



今回紹介する名盤はQueenのBrian Mayが「Queenじゃなかったら入りたかった」と言ったバンドのアルバムです。

ジャンル

ハードロック
ブルースロック
ヘヴィメタル

オーストラリア

Angus Young
Stevie Young
Brian Johnson
Cliff Williams
Phil Rudd
(Malcolm Young)
(Bon Scott)



バンド

AC/DC結成時のAngus Youngは15歳だったので姉がブレザーに半ズボン、ランドセルを背負ったスクールボーイスタイルというアイデアを提案したところ好評で今ではAC/DCのトレードマークの1つとなっています。

1975年にはわずか10日でレコーディングしたデビューアルバム「High Voltage」を発生するや否やオーストラリアでは見事1位に輝き、そして同年発表した次昨「T.N.T.」も1位となり、デビューしたその年から自国オーストラリアのトップバンドの仲間入りを果たします。

そして、Led Zeppelinなどが在籍していたAtlantic Recordと契約をしたことでRainbowやKISS、Aerosmithといった世界的バンドの前座としてライブを重ねていき知名度を少しずつ上げていきます。

これを受けて1976年にこの2枚を編集したアルバム「High Voltage」を発表してイギリスを含むヨーロッパデビューし、翌年「Let There Be Rock」でヨーロッパでの人気を不動のものにしました。
そして、1979年に「Highway To Hell」でついに全米17位を記録し世界制覇したのですが、このまま好調にいくかと思われていた矢先、ボーカルのBon Scottが死んでしまいます。

解散を噂される中、オーディションでBrian Johnsonを新たなボーカルに迎えます。
そんなドタバタの中レコーディングされた伝説のアルバム「Back In Black」です。
一説にはこれまでに世界で約5000万枚を売り上げて、グループとしては全世界で歴代最も売れたアルバムとされています。

そんなAC/DCを尊敬する者は多くJoey Ramoneをはじめとするパンクバンド達、そしてKeith RichardsやPete Townshend、Steven Tyler、Ozzy Osbourne、Nikki Sixx、Kurt Cobainと年代を問わず多くの人達に影響を与えています。

因みにジョジョの奇妙な冒険ではエシディシやハイウェイ・トゥ・ヘル、ボール・ブレイカー、ダーティー・ディーズ・ダン・ダート・チープなどたくさん登場します。


アルバム
本作は世界で約5000万枚売り上げたと言われる歴史的名盤でKurt Cobainは欠点が見当たらない偉大なロックアルバムと絶賛しています。

後に小説になり映画化までされた悲惨な戦争「モガディシュの戦闘」で捕虜になった仲間が好きだったということで救出に向かう兵士が本作の1曲目「Hells Bells」をかけながら救出作戦を行ったと言われています。

また、イラク戦争では敵の戦意を削ぐために大音量で本作をかけていたり、寝させないための拷問に使用したりしたそうです。

本作を聴くとロックの本質がわかります。
ロックにテクニックなんて必要ない、美しいメロディーなんて必要ない、華やかさなんて必要ない、ジャケットデザインなんて必要ない、必要なのは「格好いいリフ」だけです。

ロックは黙ってリフを聴け!と言わんばかりの最高にして最強のリフを聴ける名盤を是非。

Hells Bells


拍手[0回]

John Mayer / Room for Squares (2001年)



今回紹介する名盤は現代の世界三大ギタリストの一人であるプレイボーイのアルバムです。

ジャンル

ロック
ブルース

アメリカ

John Clayton Mayer



アーティスト
John Mayerは少年時代に映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でChuck BerryのJohnny B. Goodeを演奏されているのを見てギターに興味を持ち、父親からギターを貸してもらいます。
そして、近所の人からStevie Ray Vaughanの曲が入ったカセットを貰ったのを切っ掛けに音楽に目覚め、Jimi HendrixStingを聴きギターの練習に明け暮れていました。

青年期の頃にはバンドを組んで活動したり、ソロで活動したりしていました。
そして、2000年のサウス・バイ・サウスウエストという大規模な音楽祭でJohn Mayerの演奏はレコード会社の目に留まり契約を交わします。

2001年にひっそりと「Room for Squares」が発表され、ツアーを行うと想像より反響が大きく「Room for Squares」でメジャーデビューさせるために発表し直すためにジャケットを新しいものと差し替えて、数曲を再び録音し直すという異例なことが起きました。

すると、ローリングストーン誌では注目すべき10人のアーティストの一人としてJohn Mayerの名前が挙げられました。

デビューして十数年の間でグラミー賞のノミネートコンサートでブルース界の巨人B. B. Kingと共演したり、Eric Claptonの70歳記念ライブで共演したりと凄い活躍ぶりです。

また、2015年からGlateful Deadのメンバーと組んだバンドDead & Companyにギタリストで参加しています。

John MayerはRed Hot Chili Peppersの元ギタリストJohn FruscianteとTedeschi Trucks BandのギタリストDerek Trucksの3人を現代の世界三大ギタリストとされているほどの実力者です。


アルバム
本作は大反響を受けたデビューアルバムでJohn Mayerの初期衝動が詰まっています。

本作は2001年の6月にひっそりと発表された後にツアーを行うと想像していたより反響があったため、数曲を再録音し直し、ジャケットを新しいものと差し替えて同年の9月に再発表しました。
すると、2002年には全米チャートの200位中最高9位までランキングが上昇し、80週連続でランクインを果たしました。

これほどまでのギターの腕前を持ってるのにテクニックに傲ることなく「曲」を大事にしているのでここまで大衆の心を奪ったのだろうと思います。

ギターの腕前は勿論凄いのですが、191㎝の長身から発せられるハスキーボイスが何とも言えないほど最高なんです。

古くからのブルースの世界に春風のような爽やかさでキャッチーなメロディーは人を選ばない洋楽入門にぴったりだと思います。

好青年の爽やかさがブレンドされたポップなブルースの名盤を是非。

No Such Thing


拍手[0回]

The Beatles / Revolver (1966年)


今回紹介する名盤は世界一有名なバンドの全盛期のアルバムです。

ジャンル

ロック
サイケデリックロック

イギリス

John Lennon
Paul McCartney
George Harrison
Ringo Starr


バンド

私なんかが説明するまでもなく、老若男女皆知ってるイギリスの世界一有名なバンドです。
因みにジョジョの奇妙な冒険の主人公全員の元ネタは「Get Back」の歌詞です。


アルバム

本作はThe Beatlesの7枚目のアルバムになります。
当然全米全英1位でローリングストーン誌の選ぶオールタイムベストアルバム500では3位にランクインしています。

The Beatles=Lennon - McCartneyというイメージがありますが、本作の「Taxman」「Love You to」「Harrison」はGeorge作曲なんです。
Georgeが頭角を現してきたアルバムと言えるでしょう。

リボルバーというタイトルはThe Beatlesが来日した際、護衛に付いていた日本の警官の銃が印象的だったことからリボルバーとなった説が日本では有名ですが、メンバー同士の雑談の中で「レコードといえば何をイメージする?」「回転(リボルバー)!」みたいなやり取りから生まれたそうです。

本作からThe Beatlesは「ロック」という概念だけではとどまらず、モータウンに影響を受けたジャズ風の「Got to Get You Into My Life」やストリングスを取り入れたクラシック風の「Got to Get You Into My Life」後のヒップホップの原型とも言われる「Tomorrow Never Knows」などライブでは再現できない曲を完成させていきます。

また、この頃のライブではただただ叫ぶばかりで音楽なんて全く聴こうとしないファンばかりでメンバー達はライブをすることに少し疑問を感じていました。

そして、本作を完成させてすぐに武道館でのライブが行われましたが、ほぼ監禁状態といえるほどの日本警察の厳重な警備でしだいにライブへの情熱を失っていきます。

The Beatlesのライブ活動は8月29日のサンフランシスコのライブを最後に2度と復活することはありませんでした。
そして彼らはステージを下り本格的にスタジオに籠ることとなったのです。

4人の名手達が世界の人々の心を撃ち抜いた名盤を是非。

関連記事
The Beatles / Abbey Road

Taxman

拍手[0回]

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]