忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Cap'n Jazz / Analphabetapolothology (1998年)




今回紹介する名盤はキンセラファミリーの根幹に位置するバンドのアルバムです。

ジャンル

エモ
インディーロック

アメリカ

Tim Kinsella
Mike Kinsella
Sam Zurick
Victor Villarreal
Davey von Bohlen



バンド

今や伝説のバンドと言っても過言ではないバンドCap'n Jazzが結成されたのは兄Tim Kinsellaが15歳、弟Mike Kinsellaが12歳の時であります。
メンバー全員が人生で一番多感な10代に結成し、5年ほどで解散しました。

当時この10代のバンドが後のエモからインディーロック、ポストロックや音響派、ギターポップにマスロックにまで幅広く影響を与えると誰が思っていたでしょう。
現在ではCap'n Jazzから派生したバンド、色濃く影響を受けたバンドは数えきれません。

そんなCap'n Jazzのスタジオアルバムはたったの1枚だけであとはスプリット盤だけでした。
しかし、あまりに反響があったため1998年にCap'n Jazzの殆どの曲を一挙にまとめたベスト「Analphabetapolothology」が発表されました。

音は悪いし演奏も荒削り、歌もコーラスもへたっぴなのに聴衆を惹き付ける圧倒的なこのエネルギーは10代の時にしか出せないでしょう。

Tim Kinsellaのお世辞にも上手いと言えないボーカルに抵抗がある人もいるかもしれませんが、一度ハマってしまうと抜け出せないほどの中毒性があります。

ありとあらゆる感情のバケツを蹴飛ばして、ぶち撒けたようなヘロヘロ絶叫ボーカルに、荒削りながらも疾走するヨレヨレサウンドは最高にエモいんです。

恥ずかしながら私は1年以上友達に教えてもらうまでこのバンドを「カップン ジャズ」と読んでいました。
いないとは思いますが、正しくはCaptain Jazzなので「キャプン ジャズ」です。


アルバム

本作はCap'n Jazzの2枚組のベスト盤になります。
本作の1枚目には唯一のスタジオアルバムの曲が収録されていて、2枚目には複数あるスプリット盤の曲が集められています。

この2枚組のベスト盤だけでCap'n Jazzの音源は制覇できます。
そんな贅沢な内容なのにも関わらず、定価で2000円を切っているんです。

また本作にも収録されているスタジオアルバムはローリングストーンズ誌の「最も素晴らしいエモアルバム TOP40」というランキングで第7位にランクインしています。

本作にはA-haの名曲「Take on Me」のヘロヘロカバーも収録されています。

キンセラファミリーの初期衝動が詰まった原点にして頂点の名盤を是非。

Puddle Splashers


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]