忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Flying Lotus / You're Dead ! (2014年)



今回紹介する名盤はジャズの名家の血筋を継ぐヒップホップ界のヒーローのアルバムです。

ジャンル

ヒップホップ
実験音楽
エレクトロニカ
IDM
ジャズ

アメリカ

Steven Ellison



アーティスト

Flying LotusはCarlos Nino & Friendsで活躍する名プロデューサーCarlos Ninoに見出だされ、2006年に発表された「1983年」はひたすらディープでサイケデリックなサウンドで一気に注目されました。

この事を切っ掛けでAphex TwinSquarepusher、Autechre、Prefuse 73などが在籍しているイギリスのトップレーベルのWarp Recordsと契約し、2008年「Los Angeles」2010年「Cosmogramma」2012年「Until The Quiet Comes」2014年「You're Dead !」とコンスタントに作品を発表していき、発表する度に着実に評価を上げていきます。

上記したようにFlying Lotusはジャズの名家に産まれ、叔父に20世紀最大のジャズの巨人John Coltrane叔母にAlice Coltraneなんです。

これはDNAなのかFlying LotusもJohn Coltraneのように現状に満足せず、常に前に進もうと新しい音楽を追求するアーティストなんです。

それはライブなどにも表れていて、Layer³という3D映像を使った複雑なプロジェクションマッピングシステムとパフォーマンスが合わさったもので、Flying Lotusのサウンドにピッタリのユニークでサイケデリックな演出で、まさに視覚と聴覚の2つに刺激を与えるライブパフォーマンスは大好評でした。

さらに現在力を入れているのが映画制作で2016年に「Royal」という短編映画を発表し映画監督デビューを飾り注目を集め、2017年1月ついに「Kuso」という長編映画を発表しました。

映画「Kuso」の音楽に自身は勿論のこと、テクノ界のモーツァルトAphex Twinやサイレントヒルシリーズの音楽を手掛けた山岡 晃、Flying Lotusの作品などで活躍するサラブレッドベーシストThundercatなどの面々が曲を提供しているんです。

アルバム

本作にはジャズ界を50年以上牽引Herbie Hancockや2016年グラミー賞では11部門にノミネートされた今1番ノリに乗っているKendrick Lamar、Red Hot Chili PeppersGorillazとの共演で知られるSnoop Dogg、Weather ReportオリジナルメンバーのWayne Shorterと共演したりするジャズ界期待のサックス・プレイヤーであるKamasi Washington、多くのアーティストのライブアレンジなどで活躍するストリングスの魔術師Miguel Atwood-Fergusonなど豪華ゲスト陣が参加したことでも話題になりました。

本作のタイトルの意味は「お前は死んじまったんだよ…」というネガティブな意味ではなく「HEY!お前は死んでるんだぜ!」というポジティブな意味なんだそうです。
つまり本作は死=終わりではなく、死=新しい体験に向けた祝いなんです。

親日家で知られるFlying Lotusは本作のジャケットデザインを漫画家の駕籠真太郎を起用したり、人気格ゲーのストリートファイターの音をサンプリングしたりしました。

ジャズとヒップホップが化学反応を起こして爆発したかのようなサイケデリックな名盤を是非。

Never Catch Me


拍手[0回]

PR

Moodymann / Silent Introduction (1997年)



今回紹介する名盤はTheo Parrishと同様にデトロイトのアンダーグラウンドから現れたバイナリーDJのアルバムです。

ジャンル

ハウス
ディープハウス
テクノ

アメリカ

Kenny Dixon Jr.



アーティスト

Moodymannは元々レコード店の店員さんだったのですが、ひょんなことからCarl Craigが運営するPlanet Eというレコード会社から1997年に「Silent Introduction」を発表してアンダーグラウンドの聴衆から支持を集めます。

そして、1998年にはPeacefrog LabelからMahoganyシリーズ第一弾として「Mahogany Brown」を発表し、2000年にはソウルやファンクなどブラックミュージックを凝縮した「Forevernevermore」など定期的に作品を発表してアンダーグラウンドの音楽ファンから圧倒的支持を集めていました。

また、2014年にはAndresやJose James、Fiddler brothersといったゲストを迎えて製作されたセルフタイトルの意欲作「Moodymann」や2015年にはDJミックスシリーズ 「DJ Kicks」を発表し、話題になりました。

世間はどんどんお手軽なデジタルに移行しつつありますが、MoodymannはデビューからアナログでDJすることを貫いており、未だにレコードで作品を発表し続ける姿勢は一つの美学と言えるでしょう。

因みに日本でテクノを広めた第一人者 野田努も絶賛していました。
洋楽だからとか邦楽だからとか、日本人だからとか外国人だからとか言うのは好きではないですが、白人の鳴らす音楽は何とも言えない美しさで、黒人の鳴らす音楽は得も言えぬセクシーさがあると思うんです。

もちろんMoodymannも例に漏れず、ブリブリのグルーヴ感や艶かしいアダルト感があり、この感性は黒人ならではの武器かなと思います。

アルバム

本作はそんなMoodymann a.k.a KDJのデビュー作になります。
この2010年代はたくさんのEDMアーティストが出てきましたが、なかなかビビッとくるアーティストに出会えませんでした。

というのも、どうも「4つ打ちやっとけば大丈夫!」みたいな安易に4つ打ちを乱れ打つアーティストが多く感じてしまって、4つ打ちは確かに気持ちいいんですが、ライブとかで聴いているとどうも一本調子な感じがしてしまいイマイチ乗れないということが多々ありました。

しかし、Moodymannの鳴らす真っ黒な音楽はユニークなサウンドコラージュとファンキーなビートで聴き入ってしまいます。

ジャケットのアフロとサングラスの男を見ただけで只者じゃ無い感がビンビン伝わるはずです。

不機嫌な男Moodymannが鳴らすほどよくジャジーで最高にファンキーな漆黒のハウスの名盤を是非。

M Traxx


拍手[1回]

Nujabes / Modal Soul (2005年)



今回紹介する名盤は今をときめくテニスプレーヤー錦織 圭選手のお気に入りアーティストのアルバムです。

ジャンル

ヒップホップ
チルアウト

日本

瀬葉 淳


アーティスト

Nujabesというアーティスト名の由来は本名の瀬葉淳をローマ字表記にした「SEBAJUN」を逆さから読んだものであります。

パリでのファッションショーの音楽を担当したこともあるくらい世界的に評価をされているトラックメーカーなのです。
その証拠に英語版Wikipediaがあるほどですし、なんなら英語版の内容の方が細かく書かれているくらいです。

そんな国内外と幅広く知られるトラックメーカーNujabesは世界中の良い音楽を安価で提供でき、音楽愛好家やミュージシャンが交流できる場として「GUINNESS RECORDS」というレコード店を出すなど、音楽を心から愛していました。

そんなNujabesが2010年に交通事故で亡くなったと聞いたとき途方に暮れたのを覚えています。

Nujabesのヒップホップをベースにジャズやソウル、ハウスなどを取り込んだ叙情的なチルサウンドは世界中で聴かれ2015年2月26日にはNujabes5周忌追悼イベントが開催され「Luv(sic)」シリーズでの盟友Shing02に始まりUyama Hiroto、haruka nakamura、Cise Starr、Fat Jon、Funky DL、Pase Rock、Substantialなど日本以外からも多くのアーティストが集結しました。

アニメ「サムライチャンプルー」では渡辺信一郎監督から熱いラブコールを受け、Fat Jonと共に高クオリティーなサントラを作り上げました。

Nujabesは亡くなってしまいましたが、Nujabesの音楽は受け継がれていて、Nujabesに発掘されたharuka nakamuraはNujabesのビートとフリートなどが聴ける「MELODICA」という名盤を2013年に生み出していて、Nujabesのトリビュートアルバム「Modal Soul Classics II dedicate to...Nujabes」にはクラムボンやtoeも参加しています。

ジャズやヒップホップは少し取っ付きにくい面もありますがNujabesの音楽センスのフィルターを通すととても美しくて聴きやすく入門するのにはいいと思います。


アルバム

本作はNujabesの代表作とも言える2枚目のアルバムで本作以降Nujabesフォロワーと言えるジャジーヒップホップが流行り出すくらい影響力の大きい作品でした。

当然人気シリーズの「Luv(sic)」も収録されています。

真っ赤なジャケットなのに派手じゃなく落ちついて見えて、私には何処と無く上品な感じがするんです。
品のあるピアノの旋律に落ち着いたビートにチルアウトせざるを得ないでしょう。

ヒップホップに偏見がある人にこそ聴いて欲しい1枚でヒップホップに対する印象が変わること間違い無しです。

また、「日本人でヒップホップかよ(笑)」と思われる人も是非一度聴いてみて下さい。

Nujabesは例外になるはずです。

Nujabesの鼓動のようなビートに乗せて流れるメロディーが体の中を駆け巡る名盤を是非。

Luv (Sic) Part 3 featuring Shing02


拍手[0回]

A Tribe Called Quest / The Low End Theory (1991年)



今回紹介する名盤はヒップホップ界を新しい時代へ導いたグループのアルバムです。

ジャンル

ヒップホップ
ジャズヒップホップ

アメリカ

Q-Tip
Phife Dawg
Ali Shaheed Muhammad
Jarobi White

グループ

A Tribe Called Questという名前はジャズとヒップホップの融合を試みた開拓者的存在のJungle Brothersから付けてもらいました。

A Tribe Called Questの中心人物であるQ-TipはこれまでにThe Beastie BoysやJungle Brothers、De La Soul、The Alkaholiks、The Roots、Nasといった数々のヒップホップアーティストのプロデュースに関わり、その作品全てを高クオリティで仕上げてしまう実力者です。

1990年を境に分けられ90年以前がオールドスクール、1990年以降がニュースクールと言われていて、A Tribe Called QuestはDe La Soulと同様にニュースクールを代表する1つなのです。

1990年発表の「People's Instinctive Travels and the Paths of Rhythm」には世界で活躍する日本人TOWA TEIが参加していたり、1991年発表の「The Low End Theory」ではジャズ要素をより色濃く出すためにジャズベーシストの重鎮Ron Carterをゲストに呼んだりしました。

結果この「The Low End Theory」はヒップホップ以外のリスナーにも評価されてA Tribe Called Questの代表作となり、それ以降Jazz Hip Hopというジャンルは確立されました。
そういうこともあり世間は次の作品に期待をすることになりました。

そんなプレッシャーの中1993年に発表した「Midnight Marauders」はしっかりとリスナーの期待に応える作品を仕上げてしまうのです。

よくDe La Soulと一緒に紹介されますが雰囲気はかなり違うと感じると思います。
De La Soulは朝や昼に聴きたい愉快な感じですがA Tribe Called Questは夜に聴きたいアダルトな感じです。

アルバム

本作はローリングストーン誌が選ぶオールタイムベストアルバム500で153位にランクインしているA Tribe Called Questの代表作です。

5曲目の「Verses From the Abstract」の柔らかいベース音はRon Carterがウッドベースを弾いているからです。
そして、7曲目の「Vibes and Stuff」の元ネタはGrant Greenの「Down Here on the Ground」なのです。

14曲目の「Scenario」はMiles DavisやThe Jimi Hendrix Experienceなどをサンプリングしています。

私はジョジョのスタンドみたいなジャケットに惹かれ聴いてみました。

ヒップホップが苦手ならそんな先入観を取っ払ってユニークなジャズとして聴いてみるのはどうでしょう。

音楽の幅が広がるかもしれませんよ。

ヒップホップ界の天才がジャズの音で遊んで出来たジャジーな名盤を是非。

Scenario



拍手[0回]

Eminem / 8 Mile (2002年)



今回紹介する名盤はヒップホップ界のElvis Presleyと言われるラッパーのアルバムです。

ジャンル

ヒップホップ
ラップ

アメリカ

Marshall Bruce Mathers III

アーティスト

Eminemとは本名の頭文字(M&M)を言いやすくしただけで深い意味はないらしいです。

ローリングストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティストで第83位であり、史上最も偉大な10人のMCでは第9位にランクインしています。

また、2000年~2010年の10年間で世界一アルバムを売り上げアルバムトータルセールスが1億枚を超える史上最も売れたヒップホップミュージシャンであります。

幼少の頃は非常に劣悪な環境下で育つ中で自然とヒップホップに親しむようになります。
そんな中14歳頃から本格的にMCとして活動を始めて、黒人が優位なヒップホップ界の中で白人ながら数々のMCバトルやコンテストに挑戦します。

1996年に発表したNasやAZの影響が伺える自主制作アルバム「Infinite」は全く注目されず70枚しか売れませんでした。
しかし、1997年に発表した「The Slim Shady EP」が2万枚を売り上げ、さらにロスで行われたラップオリンピックで準優勝を飾り一気に注目を集めます。

そしてDr. Dreの目に留まり1999年に「The Slim Shady LP」を発表します。
これがいきなり全世界で600万枚以上売り上げ、全米2位を記録「グラミー賞最優秀ラップアルバム部門」受賞します。

2000年発表の「The Marshall Mathers LP」は発売後1週間で179万枚を売り上げギネスに最速最多売り上げ記録として認定され、最終的に1700万枚以上を売り上げました。

Eminemはこれまでにさんざん同性愛者をディスっていたのにElton Johnは「Jimi HendrixやMick Jagger、James Brown、Aretha Franklinのような伝説的ミュージシャンと同等」と称賛されました。

2002年には半自伝的映画「8 Mile」に主演をして、主題歌の「Lose Yourself」はアカデミー歌曲賞を受賞します。

2013年に発表した「The Marshall Mathers LP2」の中のシングルカットされた4曲全てが全米トップ20にランクインします。

これは49年前にThe Beatlesが成し遂げた記録と同じであります。

アルバム

本作は映画「8 Mile」のサウンドトラックなのですが全世界900万枚以上の売り上げを記録し、主題歌である1曲目の「Lose Yourself」はローリングストーンの選ぶオールタイム グレイテスト ソング500で166位にランクインしできます。

私がヒップホップやラップに興味をもった曲で、この曲から少しずつヒップホップを聴くようになりました。

Eminemが声をかけて集まったメンバーがスーパー豪華でJay ZをはじめNas、Rakim 、Gang Starr、50 Cent、Xzibitなどが参加しています。

何が凄いってもう今では和解しましたが敵対同士のJay ZとNasを同じ作品に連れてこれるというのはEminemの力なのでしょう。

ヒップホップ入門にぴったりの名盤を是非。

Lose Yourself


拍手[0回]

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]