忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Aphex Twin / Selected Ambient Works 85-92(1992年)



今回紹介する名盤はテクノ界のモーツァルトと呼ばれるAphex Twinのデビューアルバムです。

ジャンル

アンビエント
テクノ
エレクトロニカ
IDM

イギリス

Richard David James

アーティスト

なぜ「テクノ界のモーツァルト」というとノイズのみで構成されたかのような実験的な変態曲があるかと思うと、ピアノのみを使ったシンプルで限りなく美しい曲も作曲出来ることからきているのでしょう。

彼のデビュー当時テクノ界では、白、黄、茶と言う言葉がありました。

それは茶はOrbitalの「Orbital 2」、黄はHardfloorの「TB Resuscitation」で、白がAphex Twinの「Selected Ambient Works 85-92」でありました。
この3枚を聴いておけば今のテクノがわかるということらしい。
それほどテクノ界で重要な人物であるのです。

また、数々の奇行でも有名で自家用車に戦車を購入したり、銀行だったビルを丸々買い取りスタジオにしてしまうなど、最近で言えば新作「Syro」の宣伝に急に自分のロゴを張り付けた飛行船飛ばしたり、急に町に自分のロゴを張り付けたりと話題になりました。

アルバム

本作はテクノの名盤、アンビエントの名盤としても上げられるアルバムです。

なんと言っても目玉の1曲目「Xtal」を聴くためだけに買ってもいいくらい透明感あふれる名曲です。
エコーのかかったシンセに、柔らかいビート女性の美しい声が絡み合い透き通るような曲です。
Richard David Jamesは別名義でもたくさんの音源を発表していますが、このアルバムの「Xtal」をフェイバリットに上げるアーティストやファンがたくさんいます。

本作はRichard David Jamesが14歳から21歳までに作曲された曲の集合体です。
中2からですよ。本当に驚かされます。

20歳そこそこの子どもが作ったからこそピュアで真っ白な曲もあり、イタズラ心溢れる曲もあるこの名盤を是非。

#1 Xtal

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]