忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Prefuse 73 / One Word Extinguisher (2003年)



今回紹介する名盤はエレクトロニカの音世界にいち早くヒップホップの音世界を導入したアーティストのアルバムです。

ジャンル

IDM
エレクトロニカ
ヒップホップ

アメリカ

Scott Herren


アーティスト

Prefuse 73はScott Herrenの名義の1つで他にもSavath & SavalasやDelarosa and Asora、Piano Overlord、Ahamad Szaboといったように、たくさんある中の1つであります。
Prefuse 73はその中で1番有名と言えると思います。

Prefuse 73は上記したようにエレクトロニカとヒップホップを掛け合わせたサウンドで多くのエレクトロニカアーティストへ影響を与えました。
また、名義ごとに音楽性を使い分けてアンビエントからヒップホップ、エレクトロニカと幅広くその才能を発揮しています。

TeebsやJosé GonzálezBattles、Blonde Redhead、Oneohtrix Point Never、Ghostface Killah、TV On The Radio、Mos Def、Zach Hillといった数多くのアーティストやバンドとジャンルにとらわれない付き合いがScott Herrenの作品にも見受けられます。

Prefuse 73は来日をわりとしてくれて、2003年、2005年のフジロックに出演したり、最新作2011年発表の「The Only She Chapters」にはイギリスに住む日本人イラストレーターのYuko Michishitaがアートワークを担当しています。
また、2003年発表の「One Word Extinguisher」の20曲目「Trains on Top of the Game」では日本の鉄道のアナウンスをサンプリングしています。

エレクトロニカは聴けるけどヒップホップは聴けない人や、また逆の人にとっては架け橋となるアーティストだと思います。

アルバム

本作は衝撃のデビュー作「Vocal Studies and Uprock Narratives」を黙らせるほどの秀作です。

「One Word Extinguisher」とは相手を黙らせる一言という意味らしいですが、本作の始めからいきなり最高にクールなヒップホップでまさに黙らざるを得ないほど聴き惚れます。
私は19曲目の「Storm Returns with Tommy Guerrero」DJ Shadowのようなクールで洒落たインストヒップホップが大好物であります。

曲数は21+2曲と多いですが、アルバム1枚の時間は60分なので気張らなくて大丈夫でしょう。

聴く者を黙らせるユニークなサウンドが辺り一面に散りばめられた名盤を是非。

Storm Returns with Tommy Guerrero


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]