忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Battles / Mirrored (2007年)



今回紹介する名盤は各バンドの達人たちを集結させたバンドのアルバムです。

ジャンル

マスロック
プログレッシブロック
ポストロック

アメリカ

Ian Williams
John Stanier
Dave Konopka

バンド

BattlesはDon CaballeroのIan Williams、LynxのDave Konopka、HelmetのJohn Stanierという3人で活動しています。
もう脱退しましたがTyondai Braxtonという凄腕のアーティストもいました。

Battlesの特徴は何が何だかよくわからない意味不明な音世界です。

リズム、メロディー、演奏どれを取っても全く想像の斜め上をいきます。

CDを聴いただけだとBattlesの良さが、さっぱりわからんという人が多いと思います。

それは音を聴いただけだと理解できないからです。
かといってライブを観てもよくわからないかもしれませんが、「何だかわかんないけど、スゲー!」という事が分かるはずです。

それくらい前衛的な演奏をしています。

Battlesはその場で演奏してサンプリングし、速効でループさせてあの複雑なアンサンブルを仕上げていきます。

言わば「人力テクノ」と形容するとわかりやすいかもしれません。

Battlesは東日本大震災の直後に来日してくれる程親日バンドなので、これからも日本でライブを観れる機会があるはずです。

その時は迷わずチケットを手に入れて、是非ライブに足を運んでみてください。

アルバム

Battlesは3枚のEPを発表してファンを多く獲得していました。

なので、本作は待望のデビューアルバムということになります。

本作には声を即興でサンプリングして、ビートボックスを作ったりする奇才Tyondai Braxtonが関わっています。

本作の目玉といえばやはり「Atlas」でしょう。

これは各音楽メディアから高い評価を受け、年間のベストリストにあげられました。

ロックとして聴いたら、肩透かしを食らうと思います。

Battlesのメンバーが日本のことを気に入ってくれているからか、何処と無く盆踊りのような「和」を感じるリズムがあります。

それぞれの楽器の音同士がバトルしてるかの様なアンサンブル、躍り狂える名盤を是非。

Atlas


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]