忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Squarepusher / Ultravisitor (2004年)



今回紹介する名盤はThom Yorkeに「ポップ・ミュージックの世界とは違い、今日の音楽界における真の挑戦は彼のようなアーティストが負っている。」と言わしめたアーティストのアルバムです。

ジャンル

ドラムンベース
エレクトロニカ
テクノ
フュージョン

イギリス

Thomas Jenkinson

アーティスト

SquarepusherはAphex Twinやμ-Ziqなどと同じく「コーンウォール一派」に分類されます。

Thomas Jenkinsonは今でこそエレクトロニカシーンの大物ですが、少年期には電子音楽を小バカにしていてベースの練習に明け暮れます。

そんなある日、15歳になったThomas JenkinsonはLFOを聴く機会があり、そこで電子音楽を見直すことになります。

それから4年後、Squarepusherとして活動を始めます。

当時としては比較的古くチープな電子楽器を使用していたのにもかかわらず、その超絶技巧的なプログラミングが話題を呼び、わずか3年でシーンの中心的存在にのし上がります。

チープな電子楽器ゆえの荒い音質が好評だったのですが、1999年に発表された「Selection Sixteen」を最後に「できることはすべてやり尽くした」としてコンピュータによる作曲へと移行していきます。

現在は78本の指を持つギタリストや、22本の腕を持つドラマー、レーザーで演奏するキーボードなど3体のロボットで結成されたバンド「Z-Machines」の作曲をしたりしています。

また、2004年に発表された「Ultravisitor」でのベースプレイによって、ベーシストとしての評価も高まってきており、他のジャズミュージシャンなどと共演も増えてきています。


アルバム

本作は上記したようにThomas Jenkinson唸るベースプレイを聴くことができます。

本作は大作曲と繋ぎ曲の2パターンで構成されます。
1曲目の「Ultravisitor」はいきなりトップギアのアグレッシブな曲で始まり、3曲目の「Iambic 9 Poetry」は美しさと激しさが共存した名曲です。

13曲目の「Tetra-Sync」はThomas Jenkinsonの唸るベースプレイを堪能できます。

前衛的なエレクトリックサウンドにベースの超絶技巧が合わさった名盤を是非。

Ultravisitor


Iambic 9 Poetry


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]