忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Sting / Ten Summoner's Tales (1993年)



今回紹介する名盤は2003年にロックの殿堂入りを果たした元The Policeのベーシスト兼ヴォーカルとして活躍したアーティストのアルバムです。

ジャンル

ジャズロック
ロック
ニューウェーブ

Gordon Matthew Thomas Sumner



アーティスト

Stingとは本名ではなく愛称で本名はGordon Matthew Thomas Sumnerという名前なのですが、なぜStingと呼ばれるようになったかというと黄色と黒色のボーダーの服を好んで着て、それが蜂みたいということで「チクリと刺す」という意味でStingと呼ばれるようになったそうです。

StingはThe BeatlesやThe Kinksを聴いて音楽に興味を持ち始め、Miles DavisやJohn Coltraneなどの影響を受けているのでジャズの香り漂うロックサウンドが特徴です。

Stingの若かりし頃の生活は昼間は小学校の教師をして夜は地元のジャズバンドに参加して演奏するというものでした。
そこでLast Exitを結成してドラムのStewart Copelandと出会い、1977年にThe Policeを結成し、数々の名盤を世に出し続けて1986年に活動休止となり、それぞれソロ活動を始めていきます。

2002年に開催された冬季オリンピックのオープニングで世界的チェリストであるYo-Yo Maと「Fragile」を共演し、9.11の同時多発テロの直後だったのもあり、大勢の人々に感動を与えました。

Stingがグラミー賞を取るので、嫉妬したRod Stewart「彼らは、スティング以外の英国人には賞を与えないつもりなんだ。 インディアンに親切なミスター・シリアス以外にはね」 と自分がグラミー賞を貰った事が無いのでこんなことを言いました。

この発言に対しStingは「彼はグラミー賞を受賞するに値する。ほんとにそう思うね。 彼には僕のを1つ送ってやろうかと思ってる」と皮肉の効いたユーモア溢れる返しました。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第三部に出てくる花京院典明の好きなミュージシャンはStingです。

アルバム

本作は4枚目のソロアルバムで統一感の無さから巷ではよく「寄せ集め盤」と言われていますが、私はそうは思いません。

寄せ集めというとどうも聞こえが悪く感じますが、本作のクオリティからして「寄せ集め盤」ではなく「良いとこ取り盤」のような気がします。
なぜこのような不当な評価がされてしまうかというと歴史的名盤クラスの前作「The Soul Cages」や前々作「...Nothing Like the Sun」と比べてしまうと見劣りしてしまうかもしれません。

そして、Stingの音楽はどちらかというとシックでアダルトな色気がある曲が多いですが、本作は全体的に陽気な雰囲気があるのでStingらしさがないと感じる人も多いのかもしれません。

「Shape Of My Heart」はジャン・レノやナタリー・ポートマンなどが出演した映画「レオン」のエンディングに起用されたり、Stingのライブでも何度も演奏する人気曲です。

黄金に輝くStingの良いとこ取りな名盤を是非。

Shape Of My Heart


関連記事
Sting / Nothing Like the Sun (1987年)

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]