忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

The Band / Music From Big Pink (1968年)



今回紹介する名盤は、あのBob Dylanのバックバンドを務めていたバンドのアルバムです。

ジャンル

カントリー
フォーク
ロック

カナダ

Rick Danko
Levon Helm
Garth Hudson
Richard Manuel
Robbie Robertson

バンド

ローリングストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティストにおいて第50位にランクインし、ロックの殿堂入りを果たしています。

The Bandは当時からEric Claptonなどたくさんのアーティストにリスペクトされていました。
日本で言えばSPECIAL OTHERSなどもリスペクトしています。

1968年デビューなのですが10年間のキャリアがあるのでデビュー当時から完成されているバンドでした。

1969年には伝説のフェス「ウッドストック」に参加しています。

僕の好きなGarth Hudsonは厳格な父に育てられ、ショパンやバッハ、モーツァルトといったクラシックを学んでいました。

そんな中、ロックバンドに入ることなんて絶対に反対されると思いGarth Hudsonはメンバーの音楽教師という肩書きで加入し、レッスン料を取るという約束で加入したそうです。

この人間味溢れる話が僕は大好きです。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第四部の虹村億泰のスタンドの元ネタです。

アルバム

本作はローリングストーン誌が選んだ「オールタイム ベスト アルバム500」では34位、「オールタイム ベスト デビュー アルバム100」では9位にランクインしています。

George HarrisonがBob Dylanを訪問するため渡米した時に、このアルバムを大量に買って帰国し、「これは傑作だから、絶対に聞け。」と周囲に配り渡したのは有名な話です。

Eric Claptonは「人生を変えたアルバム」とまで言っています。

10年温めてきたものを全て詰め込んだデビューアルバム「Music From Big Pink」はThe Bandの良さが溢れています。

R&Bやゴスペルなどの黒人音楽とカントリーやトラデイショナルな白人音楽で独特な渋いサウンドが生まれた。

このハイテクな世の中になった今こそこのトラディショナルなカントリーロックが見に染みます。

ゆったりと晴天の中、野外でビール片手に聴いたら最高に気持ちいい名盤を是非。

The Weight 1969 woodstock live


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]