忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

SEQUENCE PULSE / Play both ends against the middle (2007年)



今回紹介する名盤は日本のMogwaiと言われるポストロックバンドのアルバムです。

ジャンル

ポストロック
シューゲイザー

日本

kinya
morisawa
masaki
hasegawa

バンド

SEQUENCE PULSEはAlbum LeafやDon Caballeroなど世界的に有名なポストロックバンドとも交流がある日本のバンドです。

知らなければ海外のバンドかと思うほど日本人離れした音楽センスを持つバンドであります。

また、ドキュメンタリー番組「Drive 2」などへ楽曲を提供したり、「シューゲイザー至上主義」などのコンピレーション作品に参加したりと幅広く活動をしています。

SEQUENCE PULSEはMogwaiから伝わる「静」「動」を基調に作り出す音世界です。
Mogwaiは「静」「動」でしたが、SEQUENCE PULSEの音は「静」というよりは「清」という感じがしました。

シューゲイザー特有の轟音の向こうに微かに聴こえる清涼なシンセの響きと冷たい電子音が聴いていて気持ちいいんです。

アルバム

本作は完全なインストアルバムではなく、たまにある唄もアルバムに抑揚をつけていて私はいいと思いました。

私のお気に入りは9曲目の「Moon Over」なんです。

これを聴いていると空に飛んでいるかのような気持ちになります。

この曲のシンセの音がたまらなく好きです。

轟音の中で清涼感あるシンセの音は確かにそこにあります。

「清」と「動」を体験できるこの名盤を是非。

Hush


Love Affair


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]