忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Owls / Owls (2001年)



今回紹介する名盤はシカゴのエモ界の伝説バンドCap'n Jazzのメンバーがほぼ揃ったバンドのアルバムです。

ジャンル

マスロック
インディーロック

アメリカ

Tim Kinsella
Mike Kinsella
Victor Villareal
Sam Zurick

バンド

キンセラファミリーはこのブログではたびたび紹介しているのでOwlsが気になった方は他の記事も是非見てほしいと思います。

メンバーの中心人物Tim KinsellaはJoan of Arc、Sky Corvair、MAKE BELIEVE、Friend/Enemy、Everyoned、Vermontなど様々なバンドで活躍するスーパーマンです。

弟のMike KinsellaはOwenAmerican football、Joan of Arc、Their/They're/Therapyなどこちらも多才で、Victor VillarealとSam Zurickはtoeが敬愛するバンドGhosts and Vodkaで活躍していました。

そんな名手達が再び集結して出来たバンドがOwlsなのです。

Owlsは2001年に結成し、すぐに「Owls」を発表しましたがMike KinsellaがOwenでの活動に専念するために1年ほどで活動休止となりました。
しかし、2012年に「Two」を13年ぶりに発表し待望の復活をしました。

OwlsがどんなバンドかというとJoan of Arcより変態度は高くMake Believeよりは変態度が低いという感じです。

この下手な説明で理解できる人は相当なキンセラファミリーのファンでしょう。
Owlsの音世界を一言で言うと「奇想天外」です。

初めてOwlsを聴いた時頭に思い浮かんだ言葉が「奇想天外」でした。

キンセラ兄弟は勿論凄いのですが、いろんなバンドのギタリストが尊敬して止まないVictor Villarealのキラキラギターアルペジオは本当に躍動感と美しさが共存した唯一無二のサウンドですし、Mike Kinsellaのコミカルなドラムと共鳴するSam Zurickのユニークなベースは名コンビです。

アルバム

本作はOwlsのデビュー作品でCap'n Jazzを解散してメンバーそれぞれがいろんなバンドで活躍する中、再集結したので同窓会的なアルバムになっています。

仲良いメンバーで集まってジャムってたらなんか出来ちゃったみたいな気の抜けた感じもするし、超一流のメンバーが考え抜いて作り込まれたサウンドのような感じもする不思議なアルバムです。

本作のプロデューサーはSteve Albiniでぴったりの采配だと思います。

Tim Kinsellaの独自性とMike Kinsellaの大衆性が見事にマッチした感じがあります。

ありきたりな音楽に飽き飽きしている人はこの「奇想天外」「奇妙奇天烈」な名盤を是非。

関連記事
キンセラファミリーツリー
Everyone Is My Friend


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]