忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Joan of Arc / The Gap (2000年)



今回紹介する名盤はシカゴのスーパー重要人物、キンセラ兄弟の兄Tim Kinsellaがずっと続けているバンドのアルバムです。

ジャンル

エクスペリメンタルロック
ポストロック
インディーロック

アメリカ

Tim Kinsella



バンド
この人の製作意欲は本当に凄くて、Tim Kinsellaが参加してるバンドはCap'n Jazzに始まりThe Sky Corvair、Joan of Arc、Owls、Friend/Enemy、Everyoned、Make Believeそして、ソロプロジェクトのTim KinsellasといったようにTim Kinsellaが参加してる作品は50を越えるはずです。

またTim Kinsella自体は関わっていなくても上記のバンドに影響を受けたバンドやアーティストは数え切れません。

そして、今回は数多くのバンドを渡り歩いているTim Kinsellaが1995年に結成して以降ずっと活動を続けているバンドです。
メンバーがとても流動的なので、Joan of Arcの音世界はアルバムによって違いますし、曲によっても違い、本当に説明が難しいんです。

Cap'n Jazzのようなバンドサウンドではなく音の空間を大事にしていて、音の1つ1つを大切に紡いでいくような繊細な音世界です。

ポストロックでも音響派でもインディーロックでもなく、Tim Kinsellaの頭の中にあるアンサンブルをその時集まったメンバーで奏でた唯一無二の音楽です。

ただ遊んで作ってるようにも思えますし、とても実験的にも感じるんです。
私はJoan of Arcを聴いて好きな音楽の幅がグンと広がりました。

Tim Kinsellaはその他の活動では短編映画「A LOVER’S DISCORSE」なんと音楽はこのブログでも取り上げたトクマルシューゴが担当しています。

長編映画「Orchard Vale」を制作していて映像作品という新たな領域にも挑戦しています。

アルバム
そして数ある作品中で今回はTim Kinsellaの1つの到達点であろうアルバム「The Gap」を紹介したいと思います。
これは本当に面白いアルバムです。

電子ノイズとギターの旋律、サウンドコラージュ、ヘロヘロの歌声、効果音としてのドラムこれらが絶妙なバランスで共存しているのです。

本当に危うく均衡を保っている音の集まりです。
まるで、硝子細工のような繊細さで作られています。
どのようにしたら、こんな不思議な曲たちを作曲出来るのか分かりません。

矛盾してますがこのアルバムには美メロはないのに、美しいメロディーはあるんです。

最近似たような曲ばっかりでおもしろくないと感じているあなた。
Tim Kinsellaの頭の中の音を聴いてみてください。

先人達のモノマネばかりで退屈なら、音職人Tim Kinsellaが作ったオリジナリティあふれる名盤を是非。

関連記事
Joan of Arc / Live in Chicago, 1999 (1999年)
Owen / At Home With Owen (2006年)
キンセラファミリーツリー
#2 As Black Pants Make Cat Hairs Appear


#9 Your Impersonation This Morning Of Me Last Night

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]