忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

トクマルシューゴ / Rum Hee (2009年)



ジャンル

インディーフォーク
インディーロック
インディーポップ

日本



今回紹介する名盤は辛口音楽誌Pitchforkで8.6/10という大変な高評価を叩き出したことのある日本人からのミニアルバムです。

アーティスト

ニューズウィーク誌「世界が尊敬する日本人100 人」にも選出されたアーティストや日本語歌詞であるにも関わらずWIRE誌、ローリング・ストーン誌など、各メディアから絶賛されるなど世界が最も注目している日本人の一人と言っていいでしょう。

日本でもトップランナーのテーマ曲や無印良品やSONYのCMで使われるなど日本でも認知され始めてきました。

またシカゴの重要人物Joan of ArcやCup'n JazzのTim Kinsellaが製作した短編映画「A LOVER’S DISCORSE」の音楽を担当したことでも話題になりました。

トクマルシューゴの特長の1つに、おもちゃなどの非楽器を使っていることがあるでしょう。
おもちゃの音がとても可愛く独特な音世界を作り出しています。

作曲から編曲を全て一人でしています。

アルバム

このミニアルバムには、トクマルシューゴを一躍有名にした代表曲「parachute」も入っています。
この曲のイントロのギターアルペジオが疾走感があり何とも格好いいんです。

ミニアルバムなのでトクマルシューゴを知るには丁度いいのではないかと思います。
ラストの曲は日本でも有名なアメリカのバンドDeerhoofがリミックスしています。

こんなにも実験的な音楽をしているのに、とても取っ付き易いんです。
The Beach BoysのPet Soundsの様な感じというと語弊があるのかな?
私は似たような雰囲気を感じますが。

日本が世界に誇るマルチプレイヤーが様々な音で作り出す、おとぎの国の様な名盤を是非。

タイトル曲


トクマルシューゴの代表曲

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]