忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

The Beach Boys / Pet Sounds (1966年)



今回紹介する名盤はElton JohnやFleetwood MacのLindsey Buckingham、山下達郎、桑田佳祐などがリスペクトするバンドのアルバムです。

ジャンル

サーフロック
ロック
ポップス
サイケデリックロック
ウェストコーストロック

アメリカ

Brian Wilson
Dennis Wilson
Carl Wilson
Mike Love
Al Jardine
Bruce Johnston


バンド

The Beach BoysはThe Beatlesよりも先に自分達で作詞作曲、演奏、レコーディングをして評価を受けた初めてのバンドです。
また、ローリングストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティストで第12位にランクインするThe Beatlesのライバルとされるバンドと言えるでしょう。

The Beach Boysは「Pet Sounds」を境に明るくノリノリのサーフロック時代とPhil Spectorの影響を伺える繊細に作り込まれた音楽時代に分けられます。

「Pet Sounds」はこれまでのイメージと変わり過ぎたために契約していたレコード会社から敬遠され、保守的なファンにもなかなか受け入れられず、後から発表されたこれまでのベスト版「Best of The Beach Boys」にダブルスコアで抜かれます。

しかし、Paul McCartneyやPete Townshend、Eric Claptonなどには評価され、イギリスでは本国アメリカの反応と異なり好評でアルバムは全英初登場2位記録し、シングルがヒットチャート上位にランクインする結果となりました。

また、ロック殿堂入りを果たし日本でも人気の海外ドラマ「フルハウス」で「ビーチボーイズがやって来た!」の回で出演したりもしています。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第五部に出てくるペッシのスタンドの元ネタです。


アルバム

本作はThe Beach Boys名義ですが、Brian Wilsonのソロ作品と言われるアルバムです。

本作がThe Beatlesの「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」に多大な影響を与えたことは有名な話です。

今でこそ、ローリングストーンが選ぶオールタイムベストアルバム500で第2位にランクインするほどの歴史的名盤で、1995年には「MOJO magazine」の作曲家や音楽プロデューサー達の投票で1位に選出されたり、音楽評論家が最良のポップアルバムやロックの名盤と評価されています。

しかし、当時のアメリカのファンが求めていた音楽とは違い過ぎて反響はイマイチでメンバーからも「こんなものを誰に聴かせるんだ、犬にか?」と言われ評価されませんでした。
これをBrian Wilsonは皮肉ってアルバムタイトルを「Pet Sounds」としました。

Brian Wilsonという音楽家がスタジオに籠り、自分とポップスセンスの塊と向き合って作り上げた渾身の名盤を是非。

You Still Believe in Me


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]