忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Make Believe / Of Course (2006年)



今回紹介する名盤はキンセラファミリーバンドの中でも変態度合いが高いバンドのアルバムです。

ジャンル

マスロック
インディーロック

アメリカ

Tim Kinsella
Sam Zurick
Bobby Burg
Nate Kinsella



バンド

Make Believeは皆さんご存知のCap'n JazzJoan of Arcなどインディーロック界では知らない人はいないと言っても過言ではない奇才Tim Kinsellaのサイドプロジェクトであります。

Sam ZurickとBobby BurgはJoan of Arcで関わった気の知れたメンバーとTim Kinsellaの従兄弟Nate Kinsellaの4人によって2003年にシカゴで結成されました。

Make BelieveのコンセプトとしてスタジオがメインであるJoan of Arcのライブバンド化というところから始まり、Joan of Arcではメンバーや楽器が流動的でしたが、Make Believeではこの4人のメンバーでどこまで出来るかを目指しメンバーの担当楽器も固定されました。

2005年にSteve Albiniを迎え、待望のスタジオアルバム「Shock Of Being」を発表します。
Joan of Arcでは自由奔放で常識にとらわれない音世界でしたが、Make Believeでは4人がそれぞれの仕事を最高の状態で発揮し、4ピースバンドが鳴らすバンドサウンドが高い評価を生みました。

翌年の2006年には来日ツアーを敢行し、日本の聴衆を嘲笑うかのような強烈なライブを行い嵐のように去っていきました。
そして前作からさらに進化した「Of Course」を発表しました。

因みに「Of Course」の発表とほぼ時を同じくして弟Mike Kinsellaは「At Home With Owen」を発表したとこにより、キンセラ兄弟は新作を引っ提げ2007年にMake BelieveとOwenでジャパンツアーを敢行します。
しかし、Tim Kinsellaが脱退を発表しました。

そこで3ピースでMake Believeの活動を続けるか、新たにメンバーを迎えるかを考えましたが、4人でMake Believeという原点に戻り、Tim Kinsellaが脱退し活動休止する前に最後に「Going To The Bone Church」を発表し活動休止します。


アルバム
本作はMake Believeが一番活発に活動していた時のアルバムです。

気の抜けたジャケットに似つかわしくないエッジの効いたSam Zurickのギターに合わせるように刻むNate Kinsellaのドラム、ドラムを補い際立たせるBobby Burgのベース、このバンドサウンドの波を縦横無尽に乗りこなすTim KinsellaのボーカルでMake Believeの唯一無二の音楽なのですが、本作はそのバランスが絶妙でMake Believeを初めて聴くなら本作をお勧めします。

Joan Of Arcが2011年に発表した「Life Like」がお好きなら本作も気に入るかと思います。

キンセラファミリーの音楽なので勿論名盤です。

Joan of Arcで出来ないバンドサウンドの欲求の捌け口として出来た名盤を是非。

関連記事
キンセラファミリーツリー

Pat Tillman, Emmitt Till


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]