忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Joan of Arc / Live in Chicago, 1999 (1999年)



今回紹介する名盤はシカゴのスーパー重要人物、キンセラ兄弟の兄Tim Kinsellaがずっと続けているバンドのアルバムです。

ジャンル

エクスペリメンタルロック
ポストロック
インディーロック

アメリカ

Tim Kinsella



バンド

この人の製作意欲は本当に凄くて、Tim Kinsellaが参加してるバンドはCap'n Jazzに始まりThe Sky Corvair、Joan of Arc、Owls、Friend/Enemy、Everyoned、Make Believeそして、ソロプロジェクトのTim KinsellasといったようにTim Kinsellaが参加してる作品は50を越えるはずです。

またTim Kinsella自体は関わっていなくても上記のバンドに影響を受けたバンドやアーティストは数え切れません。

そして、今回は数多くのバンドを渡り歩いているTim Kinsellaが1995年に結成して以降ずっと活動を続けているバンドです。
メンバーがとても流動的なので、Joan of Arcの音世界はアルバムによって違いますし、曲によっても違い、本当に説明が難しいんです。

Cap'n Jazzのようなバンドサウンドではなく音の空間を大事にしていて、音の1つ1つを大切に紡いでいくような繊細な音世界です。

ポストロックでも音響派でもインディーロックでもなく、Tim Kinsellaの頭の中にあるアンサンブルをその時集まったメンバーで奏でた唯一無二の音楽です。

ただ遊んで作ってるようにも思えますし、とても実験的にも感じるんです。
私はJoan of Arcを聴いて好きな音楽の幅がグンと広がりました。

Tim Kinsellaはその他の活動では短編映画「A LOVER’S DISCORSE」なんと音楽はこのブログでも取り上げたトクマルシューゴが担当しています。

長編映画「Orchard Vale」を制作していて映像作品という新たな領域にも挑戦しています。


アルバム

本作は数ある中でもJoan of Arcの最高傑作との呼び声高い作品です。

まず始めに言わないといけないのが、本作のタイトルが「Live in Chicago, 1999」ですが、ライブアルバムではなくスタジオアルバムです。

本作はTim Kinsellaの1つの到達点となる作品ではないかと思ってしまうくらい完成度が高いんです。
この曲順以外ありえないので、私は本作の曲をスキップしたり、シャッフルしたりは絶対しないです。

美しいメロディーの流れ、素晴らしい曲の流れ、麗しい音の流れ、全てが絶妙なバランスを保っているからこその完成度に感じます。

キャッチーな曲は無いですし、口ずさめるような曲も無いのに何か引き込まれる魔力のある作品です。

指揮者Tim Kinsellaによるオーケストラ「Joan of Arc」の最高の演奏を収めた名盤を是非。

(I'm 5 Senses) None Of Them Common


関連記事
Joan of Arc / The Gap (2000年)
Owen / At Home With Owen (2006年)
キンセラファミリーツリー

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]