忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

The Beatles / Revolver (1966年)


今回紹介する名盤は世界一有名なバンドの全盛期のアルバムです。

ジャンル

ロック
サイケデリックロック

イギリス

John Lennon
Paul McCartney
George Harrison
Ringo Starr


バンド

私なんかが説明するまでもなく、老若男女皆知ってるイギリスの世界一有名なバンドです。
因みにジョジョの奇妙な冒険の主人公全員の元ネタは「Get Back」の歌詞です。


アルバム

本作はThe Beatlesの7枚目のアルバムになります。
当然全米全英1位でローリングストーン誌の選ぶオールタイムベストアルバム500では3位にランクインしています。

The Beatles=Lennon - McCartneyというイメージがありますが、本作の「Taxman」「Love You to」「Harrison」はGeorge作曲なんです。
Georgeが頭角を現してきたアルバムと言えるでしょう。

リボルバーというタイトルはThe Beatlesが来日した際、護衛に付いていた日本の警官の銃が印象的だったことからリボルバーとなった説が日本では有名ですが、メンバー同士の雑談の中で「レコードといえば何をイメージする?」「回転(リボルバー)!」みたいなやり取りから生まれたそうです。

本作からThe Beatlesは「ロック」という概念だけではとどまらず、モータウンに影響を受けたジャズ風の「Got to Get You Into My Life」やストリングスを取り入れたクラシック風の「Got to Get You Into My Life」後のヒップホップの原型とも言われる「Tomorrow Never Knows」などライブでは再現できない曲を完成させていきます。

また、この頃のライブではただただ叫ぶばかりで音楽なんて全く聴こうとしないファンばかりでメンバー達はライブをすることに少し疑問を感じていました。

そして、本作を完成させてすぐに武道館でのライブが行われましたが、ほぼ監禁状態といえるほどの日本警察の厳重な警備でしだいにライブへの情熱を失っていきます。

The Beatlesのライブ活動は8月29日のサンフランシスコのライブを最後に2度と復活することはありませんでした。
そして彼らはステージを下り本格的にスタジオに籠ることとなったのです。

4人の名手達が世界の人々の心を撃ち抜いた名盤を是非。

関連記事
The Beatles / Abbey Road

Taxman

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]