忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Death Cab for Cutie / Transatlanticism (2003年)



今回紹介する名盤はThe Postal ServiceのBen Gibbardが別プロジェクトバンドからのアルバムです。

ジャンル

インディーロック
エモ

アメリカ

Ben Gibbard
Christopher Walla
Nicholas Harmer
Jason McGerr



バンド
通称デスキャブはBen Gibbardのソロプロジェクトでスタートして、今やアメリカのインディーロックシーンで欠かせない存在になっています。

3年連続グラミー賞にノミネートされたり、ビルボードチャートに初登場第1位になったりと、もうインディーロックという言葉だけでは片付けられないほど名実共に素晴らしいバンドとなりました。

バンド名だけ聞くと下手なメタル系バンドと思われそうですが、実際は泣きメロ満載で少し暖かみのあるヘロヘロなボーカルに力強いギターサウンドを持ち味にしているインディーロックバンドなんです。

Death Cab for CutieとはThe Beatlesの映画「Magical Mystery Tour」に登場する「The Bonzo Dog Doo Dah Band」というバンドが作中で演奏した曲に由来します。

アルバム

本作はDeath Cab for Cutieの最高傑作と言っても過言ではないでしょう。
5曲目の「The Sound Of Settling」では「パッパァー♪パッパァー♪」と皆口ずさみたくなるコミカルな曲もあるし、切なくなるようなバラードもあり、大満足の内容となっています。

タイトル曲はテクニックらしいことなんてまったくなく、ピアノとギターの伴奏で歌うだけの曲なのに8分くらいもあります。
普通の人なら8分ってだけで聴かないかも知れないですが…

ピアノの伴奏静かに始まり壮大に盛り上がっていく様は圧巻です。
8分があっという間です。

ふと感傷に浸りたい時、家でひとりで聴いてみてはいかがでしょうか。
泣きメロあり、キュートなメロディーありの名盤を是非。

The Sound of Settling


Transatlanticism


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]