忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Sunny Day Real Estate / Diary (1994年)



今回紹介する名盤は多くのアーティストからリスペクトされるエモ界のパイオニアと称されるバンドのアルバムです。

ジャンル

エモ
オルタナティヴロック
ポストハードコア

アメリカ

Jeremy Enigk
Dan Hoerner
Nate Mendel
William Goldsmith


バンド

90年代初頭世界がNirvanaのNEVERMIND旋風が巻き荒れ、1994年4月5日にKurt Cobainが自ら命を絶ちグランジブームが去ろうとしていた時にSunny Day Real Estateは現れました。

しかも、Nirvanaが初めに契約していたSub Popから1994年に発表されたデビュー作「Diary」は静と動を使い分けたサウンドに感情剥き出しのボーカルはまさにエモを体現しており、一躍人気になり世間から多大な評価を受け、「エモの名盤」を紹介するところでは必ず紹介させている作品と言えます。

しかし、中心人物であるJeremy Enigkが一気に人気になってしまったことで重圧に苦しめられることになり、1995年に「LP2」(The Pink Album)発表してJeremy Enigkは音楽活動の第一線から一旦身を引き熱心なキリスト教信者になり解散します。

そして、リズム隊のNate Mendel とWilliam GoldsmithはNirvanaでドラムを叩いていたDave Grohlが作ったバンドFoo Fightersに参加します。

1998年に「How It Feels to Be Something On」で待望のカムバックを果たし、1999年には初来日をしました。
2000年には現時点でラストアルバムになる「The Rising Tide」が発表されました。

この作品はSunny Day Real Estateの集大成とも言えるほどの完成度ですがデビュー作の「Diary」のような青春性や初期衝動は影を潜め、神々しさを感じる美しさなんです。

それはなぜかというとJeremy Enigkがギター、キーボード、ベースを一人で演奏していて、ほぼJeremy Enigkのソロ作品とも言えます。

そして、またもや解散するのですが2014年に突然の新曲発表があり驚いたのは記憶に新しいのではないでしょうか。

2014年はMineral、CopelandAmericanfootballの再結成にSunny Day Real Estate14年ぶり新曲発表、
そしてBraidが16年ぶりの新作発表とエモ界は嬉しいニュースが目白押しでした。


アルバム

本作はSunny Day Real Estateのデビュー作であり、エモの金字塔と言われるアルバムです。

エモってなに?エモってどんな感じ?と興味がある方は本作を聴けば一目瞭然です。
それほどエモが盛り込まれています。

私が本作に持つイメージはどしゃ降りの中を傘もささずに走り抜けるイメージです。

嘆くように歌い始めたかと思うと堰を切ったかのように、限界まで叫ぶように歌う姿はなぜか切なく胸が苦しくなります。

感情が爆発するように燃え上がる前半と、沸々と熱くなる後半といった感じで構成されています。

まっすぐで全力の青春時代が懐かしく感じる名盤を是非。

Seven


拍手[0回]

PR

Making April / Runaway World (2006年)



今回紹介する名盤は僕の大好きなジャンルの1つピアノエモのバンドのアルバムです。

ジャンル

エモ
ピアノエモ
オルタナティヴロック
ピアノロック

アメリカ

Sean Scanlon
Steven McCaffrey
Greg Federspiel


バンド

「Making April」を直訳すると「作る 4月」になります。

これは彼らのデビューした2005年3月、その前年から自主制作していたデモ音源を4月に発売しようとしていたが、その時にまだバンド名が決まっていなかったのです。
そこで発売日(4月)に間に合わせようという意味を込めて「4月に向けて作る」(Making April)となりました。

iTuneでレーベル未契約バンドの作品としてはあり得ない10万ダウンロードという快挙を皮切りに、Myspaceの未契約バンドトップ10入りを果たしたり、全米の若者を中心に流行っているドラマ「ラグナビーチ」の挿入歌に「These Are the Nights」が使用されるなどして頭角を現していきます。

またWaking Ashlandの中心人物Jonathan Jonesが新たに始動させたバンドWe Shot The MoonやRookie of the Year、Hawthorne Heights、Augustana、Cute Is What We Aim For、The Early Novemberといった様々なバンド達と共演をしています。

Making Aprilは2005年から活動を開始し、2009年の活動休止までの4年間の活動で2006年発表の「Runaway World」と2009年発表の「The Egg Hunt」の2作品だけなのです。

Making AprilやMaeJack's MannequinCopelandといったピアノエモバンドはもっと日本で流行ってもいいと思います。

日本人好みのメロディーが満載でボーカルの声も爽やかな美声が多いのですが、悲しいことに知る機会が無さすぎるのです。

アルバム

本作はそんなMaking Aprilの結成半年足らずで作り上げた曲達にボーナストラックを加えた作品になります。

アコースティックギターとピアノなのに、Sean Scanlonの気持ちいいくらいにストレートに歌声でエモに仕上がっているんです。

1曲目の「These Are The Nights」はしっとりとしたピアノで静かに始まり中盤の盛り上がりが最高にエモーショナルです。

思わず自転車を立ち漕ぎしたくなる疾走感溢れる3曲目の「Driveway」そして、タイトル曲の「Runaway World」はキラキラしたアコースティックギターに甘美なピアノといったMaking April節炸裂の名曲です。

アコースティックギターとピアノで奏でるエモの名盤を是非。

Runaway World


拍手[0回]

サカナクション / シンシロ (2009年)



今回紹介する名盤はSMAPの「We are SMAP !」や「Moment」を作詞作曲をした人物を中心に結成したバンドのアルバムです。

ジャンル

オルタナティヴロック
エレクトロニカ
インディーロック

日本

山口一郎
岩寺基晴
草刈愛美
岡崎英美
江島啓一


バンド

サカナクションとは「さかな」という言葉がバンド名に使われていないのと、変化を恐れずに音楽をしていこうという気持ちが込められた「アクション」を掛け合わせて出来た造語になっています。
あと、中心人物の山口一郎が大の釣り好きというのもあると思います。

2005年に活動を開始して2年後の2007年には早くもサマソニに出演します。
2008年には「NIGHT FISHING」を発表し当時の新人最多となる実に8本もの大型野外フェスに出演します。

2010年には初の日本武道館でのライブを開催し、2011年には「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」をミュージックステーションで演奏して話題になりました。

2013年にはNHK紅白歌合戦に初出場し、さらに知名度を上げました。
2015年は姉さんこと美人ベーシストの草刈愛美が妊娠していたためライブ活動などを控えていたサカナクションでしたが6月5日にめでたく無事出産しましたのでまた音楽活動が活発化してくれるはずです。

中心人物である山口一郎はレイハラカミに影響を受けたと公言しています。

サカナクションの曲は数多くタイアップされていて、その内の少しを紹介します。

「セントレイ」→音楽戦士 MUSIC FIGHTER
「ネイティブダンサー」→MUSIC EDGE
「アルクアラウンド」→アルペンのCM
「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」
→東進のCM
「夜の踊り子」→モード学園のCM
「蓮の花」→近キョリ恋愛の主題歌

など私が知っているだけでもこれだけあり、勿論この他でもいろいろなところで使用されています。

アルバム

本作はサカナクションがまだ世間にはあまり浸透する前の作品になります。

「シンシロ」とは「真っ白」「新しい白」という意味があり、ジャケットは真っ白な画面に薄い灰色で波形が書かれていますが、この波形は「シンシロ」と発声した時の音の波形をデザインしたものであります。

本作の目玉曲はやはり「ネイティブダンサー」でしょう。
この曲は後に山口一郎が敬愛していたレイハラカミにリミックスしてもらい、サカナクションの代表曲と言っても過言ではないでしょう。

シングルにもなっている「セントレイ」は何処と無くASIAN KUNG-FU GENERATIONのような爽快感があり、私は好きです。

そしてどの曲も姉さんのベースがブリブリしていて気持ちいいんです。

ジャケットは淡白な白身ですが中身を聴くと止まらず泳ぐ力強い赤身魚のような勢いある曲ばかりの名盤を是非。

セントレイ


ネイティブダンサー


拍手[0回]

The Smashing Pumpkins / Siamese Dream (1993年)



今回紹介する名盤はグランジ全盛期に活動していたNirvanaの最大の被害者からのアルバムです。

ジャンル

オルタナティブロック
グランジ
インディーロック

アメリカ

Billy Corgan
Jeff Schroeder
Mike Byrne
Nicole Fiorentino

アーティスト

The Smashing Pumpkinsはローリングストーン誌の選ぶ歴史上最も過小評価されたギタリストで第22位のBilly Corganを中心に結成され、グラミー賞に10度ノミネートされた90年代を代表するオルタナティブロックバンドです。

The Smashing Pumpkinsがデビューした1991年は所謂NirvanaのNevermind旋風で音楽業界は荒れ狂っていました。
その結果、The Smashing Pumpkinsの実力は正当に評価されず、溢れかえっているNirvanaのパクりバンドの1つとしか評価を受けませんでした。

そのことでBilly Corganは次に成功しなければ、その次は無いと覚悟を決め、発表した「Siamese Dream」は全世界で600万枚以上を売り上げ評論家のみならず、一般の聴衆からも高い評価を受け商業的にも成功し、一躍The Smashing Pumpkinsの名を全米に響き渡らせました。

さらに、1995年発表の「Mellon Collie and the Infinite Sadness」はアメリカのみで1000万枚近くのセールスを記録し、グラミー賞では7部門にノミネートされ、タイム誌による年間ベストアルバムに選ばれるなど音楽的にも輝かしい評価を受けました。

しかし、翌年のツアー中にメンバーが薬物中毒で亡くなり、捕まり脱退を余儀なくされます。

そして、The Smashing Pumpkinsの勢いは弱まり2000年に1度解散しましたが、2005年に再結成し現在もオルタナティブロック界の重鎮として活躍しています。

アルバム

本作はBilly CorganがThe Smashing Pumpkinsが無くなるかもしれないプレッシャーの中で覚悟を決めて発表された作品です。

ドリームポップやシューゲイザー、ヘヴィメタルなど様々なジャンルの音楽を巧みに取り入れ昇華させ、激しいリフサウンドの中に甘美なメロディーが聴こえる作品です。

ローリングストーン誌が選ぶオールタイムベストアルバム500では362位にランクインしています。

本作のアルバムジャケットの女の子が今のベーシストNicole Fiorentinoだというのです。
運命的ですね。

3曲目の「Today」はDragon Ashがサンプリングしているので知名度は高いと思います。

Billy Corganが凄まじい重圧の中で捻り上げたサウンドを詰め込んだ名盤を是非。

Today


拍手[0回]

Mae / The Everglow (2005年)



今回紹介する名盤は1つの物語をピアノエモでまとめたアルバムです。

ジャンル

ピアノエモ
インディーロック

アメリカ

Dave Elkins
Zach Gehring
Rob Sweitzer
Mark Padgett
Jacob Marshall


バンド

Maeというバンドをご存知でしょうか?
勿論知ってる人はたくさんいると思いますが、もっともっと認知されてもいいバンドだと思います。

それくらいキャッチーなメロディーを書くバンドなのです。

私がまだ実家暮らしの時、いろんな音楽を家で流していて唯一妹が「この曲好き」と言ってくれたアルバムです。(あと「面白いから」という理由で四人囃子の「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」がお気に入りでした。)

それくらい、いい意味で万人受けする音楽なのに日本ではあまり知られていません。

私は嫌いな言葉ですが、世に言う「捨て曲がない」という表現がぴったりだと思います。

Maeのアルバムを聴いた友達に、どの曲が一番好きか訊ねると皆バラバラでした。

でも、他の人が好きだと言った曲に「確かにいいね。」とそれぞれ共感してしまうのです。

それほどどの曲もメロディアスで素晴らしい出来なんです。


アルバム

本作は曲は勿論のこと歌詞、ジャケット含めて1つの物語になっています。

この統一感でこの完成度には驚かされます。

本作をかけるとプロローグで始まりエピローグで終わる音楽の旅に出かけます。

それはひとりの少年の切なく甘酸っぱいサクセスストーリーです。

忘れていた思春期を疑似体験できる名盤を是非。

The Everglow


拍手[0回]

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]