忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Foo Fighters / There is Nothing Left to Lose (1999年)



今回紹介する名盤は元Nirvanaのドラマーとして活動していた人が立ち上げたバンドのアルバムです。

ジャンル

オルタナティブロック
ハードロック
ポストグランジ

アメリカ

Dave Grohl
Pat Smear
Nate Mendel
Taylor Hawkins
Chris Shiflett



バンド

Foo Fightersはグラミー賞の常連でこれまでに11回も受賞しています。

Foo Fightersの中心人物Dave Grohlはローリングストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマーにおいて、John Bonham、Neil Peart、Keith Moonに続く第4位にランクインしています。

Kurt Cobainとは違い明るく誠実な人柄です。

またMTVに出演する際、Michael Jacksonの格好で登場し、「I'm a king of Grunge」とギャグを言ったりするユーモラスな一面もあります。

このDave Grohlの人柄がFoo Fightersの音世界を表していると言っても過言ではないと思います。

Nirvanaの音世界から「鬱や暗さ」を取っ払い、かわりに「爽やかさや明るさ」を足した感じです。

またベーシストにはエモ界の代表的バンドSunny Day Real Estateのベーシストです。

2006年オーストラリアで起きた炭鉱に作業員が閉じ込められる事故で、作業員達はレスキュー隊に渡された音楽プレイヤーでFoo Fightersの音楽に勇気を貰っていたという聞いたDave Grohlは「コンサートのチケットとビールを振舞いたい」と言って後日オーストリアツアーの時にその作業員達にビールを振る舞ったというエピソードがあります。

それもやっぱりFoo Fightersが持つ「明るさ」なのではないかと思います。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第六部に出てくるプランクトンのスタンドの元ネタです。

アルバム

本作の3曲目「Learn to Fly」はノエビア化粧品のCMで使用されました。

とても爽やかで空を飛べるような爽快感を味わえる曲です。

個人的には6曲目「Aurora」のエモい感じが大好物です。

洋楽初心者でもガツンとくるような唄メロにギターサウンド、清涼感あり疾走感ありの名盤を是非。

Aurora


Learn To Fly


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]