忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Jack's Mannequin / Everything in Transit (2005年)



今回紹介する名盤はピアノエモ界では外せないアルバムです。

ジャンル

ピアノエモ
ピアノロック

アメリカ

Andrew McMahon
Bobby "Raw" Anderson
Jay McMillan
Mikey "The Kid" Wagner



バンド

Jack's Mannequinというバンドは、パンクやエモにピアノを取り入れて話題になったバンド「Something Corporate」のフロントマンのAndrew McMahonのソロプロジェクトです。

というのも、Something Corporateが多くのツアーを行うことに疲れ果て、活動休止してしまいました。

しかし、それをきっかけにAndrew McMahonはツアー中に温めていたアイディアを自分のペースで形にしていきJack's Mannequinがスタートしました。

始めはレコード契約もなく、全て自費で製作していきましたが、そこにSomething CorporateのプロデューサーやBobby "Raw" Andersonなどが加わり、やっとこさ出来たアルバムはなんと全米チャートで最高位37位に食い込むという快挙を成し遂げます。

しかし、その年にAndrew McMahonは急性リンパ性白血病と診断されてツアーは全てキャンセルになり、音楽活動も止めて闘病生活が続きます。

その成果があり今は回復し音楽活動も再開しました。

また、白血病、小児がんの研究を支援する「Dear Jack Foundation」を設立したりもします。

アルバム

本作はファンはもちろんのこと、評論家をも納得させる程の完成度であります。

ジャケット通りの爽やかなアメリカの西海岸をドライブしているような音楽です。

さすが、メロディーメーカーというように歌詞がわからなくてもピアノの旋律やAndrew McMahonのエモーショナルな歌声だけでポジティブな印象が伝わってきます。

甘酸っぱいメロディーをたくさん詰め込んだ名盤を是非。

Dark Blue


拍手[1回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]