忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Rothko / Eleven Stages of Intervention (2007年)



今回紹介する名盤はベース二人にキーボードとドラムという奇妙な4人組のアルバムです。

ジャンル

アンビエント
ポストロック
アートロック

イギリス

Beazley (bass guitar)
Michael Donnelly (bass guitar)
Ben Page (keyboards)
Tom Page(drums and percussion)

バンド

Rothkoというバンド名はMark Rothkoという代表的な抽象画家から取ったそうです。

そんなこともあり、Rothkoはとてもアーティスティック要素が強くメロディーらしいメロディーはなく、まさに抽象的なサウンドが特徴的になっています。

本当に深く暗く内省的な音世界で洋楽初心者の方には良さがさっぱりわからないと思います。

キーボードはメロディーを奏でるのではなく、2本のベースとドラムはリズムを刻むことをせず、全員がそれぞれダーティーな音を鳴らし作られるアンサンブルは底無しの鬱世界です。

Rothkoの音楽はメロディーではなく、全体のサウンドを聴いて下さい。

そうするとRothkoの良さがきっとわかるはずです。
また、意外なことにフォークトロニカのパイオニアである「Four Tet」と親交があるのです。

アルバム

本作はと言うか、アンビエント全般に言えることかもしれませんが、このアルバムはメロディーを聴こうとするとダメだと思います。
響いている音全体を聴こうとすると暗く鬱な雰囲気が伝わってきて楽しめます。

ICOというゲームのサントラのような音世界です。

心深く眠っている不安や悲しみが一度に襲ってきます。

この閉鎖的な音世界を体験すると鬱待ったなしです。

家から出たくないインドアな人に是非聴いてほしい。

部屋に閉じ籠り、カーテンを閉めて、ドアを閉じて、自分を閉ざしたい時、この名盤を是非。

Say Something to Someone


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]