忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

椎名林檎 / 無罪モラトリアム (1999年)



今回紹介する名盤はNUMBER GIRLのおっかけをしていた女性のアルバムです。

ジャンル

オルタナティブロック
ジャズ
エレクトロニカ
ヒップホップ

日本

椎名 裕美子


アーティスト

椎名林檎は高校1、2年の頃から作曲をしていて、その頃に作ったのが「ここでキスして。」「ギブス」「茜さす帰路照らされど」「虚言症」などであります。
この曲達を著作者登録をする時にとりあえず付けた名前が「椎名林檎」でした。

というのも椎名林檎のバンド活動もドラムから始まったということもあり、The Beatlesのドラム「Ringo Starr」の名前から引用したそうです。

高校2年の時TEENS' MUSIC FESTIVALという大会にMarvelous Marbleというバンドで出場し、福岡地区で1位に輝き全国大会に進出して、奨励賞を受賞しました。
また、同年長崎歌謡祭に出場してファイナリストにもなっています。

そして、次の年にMUSIC QUEST JAPANの福岡大会に再びバンドで出場するが音楽関係者にソロを勧められて決勝には椎名林檎として出場し、「ここでキスして。」を歌い優秀賞を獲得します。

ここでの活躍が目に留まりいくつかのレーベルから声がかかり、その中の1つEMI RECORDSと契約を交わします。
また、この大会で出会ったaikoや谷口崇とは音楽活動やプライベートで交流があります。
特に谷口崇とはデビュー前に宇宙アンテナというバンドで活動もしていました。

1999年に発表した「無罪モラトリアム」は100万枚以上売り上げ、次作2000年に発表した「勝訴ストリップ」は230万枚以上売り上げ椎名林檎の名前は世間に知れ渡りました。

私世代では知らない人はいないくらいの勢いでした。
そして、2003年から2012年までは東京事変というバンドで活躍していました。

最近でいうと、2014年NHKサッカー中継のテーマソングとして「NIPPON」を作曲して話題になりました。

アルバム

本作はそんな椎名林檎の1stアルバムであります。

椎名林檎の作品は色々ありますが無罪モラトリアムが1番好きという方も多いのでは無いでしょうか。
勿論私もその一人であります。

私は3曲目の「丸の内サディスティック」のアダルトな雰囲気が椎名林檎のキャラクターにぴったりで非常に好みであります。

本作の半分近くにあたる「歌舞伎町の女王」「幸福論(悦楽編)」「さす 帰路照らされど…」「警告」は全て酒類のCMに使われていました。

天才少女が感受性豊かな時期に制作された名盤を是非。

丸の内サディスティック


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]