忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

NUMBER GIRL / NUM-HEAVYMETALLIC (2002年)


今回紹介する名盤は椎名林檎がおっかけをするくらい好きだったバンドのアルバムです。

ジャンル

オルタナティブロック
ポストハードコア

日本

向井秀徳
田渕ひさ子
中尾憲太郎
アヒト イナザワ


バンド

NUMBER GIRLはASIAN KUNG-FU GENERATIONやBase Ball Bear、凛として時雨、9mm Parabellum Bullet、LUNKHEAD、WHITE ASHなど現在日本のロック界で活躍しているバンドに多大な影響を与えたバンドであります。

当時あまりの影響の大きさにSUPERCAR、くるり、NUMBER GIRLの3つのバンドと中村 一義で「97の世代」と呼ばれています。

NUMBER GIRLの中心人物の向井秀徳は兄にすすめられたPrinceで洋楽に興味を持ち、初めてギターの練習でコピーした曲はLed Zeppelinの「Achilles Last Stand 邦題 アキレス最後の戦い」であまりの難しさに断念し作曲を始めます。

現在はZAZEN BOYSKimonosなどでバンド活動する傍らTHE ALFEEの高見沢俊彦の「けだるい色の花」の作詞をしたり、ポカリスエットのCMでナレーションに抜擢されたり、映画「少年メリケンサック」のサントラを担当したりといろんな方面で活躍しています。

NUMBER GIRLはPixiesのように乾いた轟音ギターに重みのあるベース、絶叫するようなボーカルで後期にはZAZEN BOYSに繋がる念仏ラップの原型のような曲もあります。

NUMBER GIRLが敬愛しているバンドbloodthirsty butcherseastern youth、fOULが北海道出身ということでラストライブは札幌で行いました。
NUMBER GIRL解散後bloodthirsty butchersに田渕ひさ子が加入し、中心人物である吉村秀樹と結婚したり、eastern youth主催のオムニバス盤「極東最前線」に参加したり、eastern youthの最新作ボトムオブザワールドに収録されている「直に掴み取れ」ではコーラスを向井秀徳が担当しています。

アルバム

本作はNUMBER GIRLのスタジオ収録としてはラストアルバムになっていて、前作「SAPPUKEI」と同じくDave Fridmannをプロデューサーに迎えています。
初めの方は日本語を全く話せなかったDave Fridmannでしたが本作でもう三度目の録音になるので、最後の方には「モットタイトニ!」と話せるほどに上達したそうです。

「Num-Ami-Dabutz」は当時の向井秀徳が「今もっとも対バンしたいアーティスト」と言っていた54-71に影響を受けて作曲したそうです。

この曲は2010年の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」のCMで何度も流されていましたので聴いたことのある人も多いかと思います。

ギターを演奏しているのは女性だということを忘れてしまうくらい突き刺すように鋭く尖っています。

大和魂溢れるMATSURIサウンドを取り入れたオルタナティブロックの名盤を是非。

Num-Ami-Dabutz

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]