忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

ZAZEN BOYS / ZAZEN BOYS Ⅱ (2004年)



今回紹介する名盤は「日本のロックシーンの第一線に立ち続け、無数のフォロワーを増やし続けている」と言われるバンドのアルバムです。

ジャンル

ミクスチャーロック
オルタナティブロック
プログレッシブロック

日本

向井秀徳
吉兼聡 通称 カシオマン
松下敦 通称 柔道二段
吉田一郎
(アヒト イナザワ)
(日向秀和) 通称 町田のヤンキー


バンド

向井秀徳はNUMBER GIRLというバンドで活躍しており、ASIAN KUNG-FU GENERATIONやBase Ball Bear、凛として時雨、9mm Parabellum Bullet、LUNKHEAD、WHITE ASHなど現在日本のロック界で活躍しているバンドに多大な影響を与えたバンドであります。

その向井秀徳が現在動かしているバンドがZAZEN BOYSであります。
どういうバンドかといいますと「法被を着たLed Zeppelin」と向井秀徳は例えております。
これは音楽性の話ではなくLed Zeppelinのように4人全員の個性の集合体という意味だそうです。

ZAZEN BOYSはhàlのバックバンドとして向井秀徳と54-71が組んだことが始まりでした。
そして、自分のしたい音楽を鳴らすためにNUMBER GIRL時代から相性抜群のアヒトを連れてメンバー集めを開始し、吉兼聡とをメンバーに入れ本格的にZAZEN BOYSを始動させます。

DRY&HEAVYのライブを一緒に見ていた日向秀和をメンバーに誘おうと「自分さ、あんくらい出せんの?」と向井秀徳が問いかけると、挑発されたと勘違いしてしまいなめられないよう「出せますよ」と言ったそうです。

後日、向井秀徳とアヒトと行ったセッションは死ぬほど緊張したそうです。

現在はアヒトと日向秀和は脱退し、松下敦と吉田一郎が加入し活動しています。

向井秀徳のダサいラップ(勿論いい意味で)が日本特有の念仏のようで結果として他にはない音楽が生み出されています。

活動拠点は向井秀徳が設立した「MATSURI STUDIO」でレコーディングしたりしています。
因みにMATSURI STUDIOは当初BIKKURI STUDIOという名称だったのですが、向井秀徳自身が少しずつびっくりしなかなったのを理由に今のMATSURI STUDIOという名称で落ち着きました。

アルバム

本作はタイトル通りZAZEN BOYSの2枚目のアルバムですが、1枚目のアルバムはまだ半分NUMBER GIRLといった感じが個人的にするので、ZAZEN BOYSとして本領発揮された本作をよく聴きます。

この頃のZAZEN BOYSは基本「繰り返される諸行無常、よみがえる性的衝動」としか言っていないと言っても過言ではありません。

ゲストボーカルに椎名林檎を起用していて、雰囲気ぴったりで最高です。
「CRAZY DAYS CRAZY FEELING」のイントロのギターの音は本当に6本の狂ったハガネの振動のようでめちゃくちゃかっこいいんですよ。

安眠棒も最高にかっこいいんですが、安眠棒の意味を説明している向井秀徳は最高にダサいんですよ(勿論いい意味で)。

安眠棒とは向井秀徳の夢の中で出てきたヨボヨボのお師匠さんが使っていた最強の武器ということらしいです。

日本古来からの念仏をロックに鳴らすThis is ZAZEN BOYSの名盤を是非。

CRAZY DAYS CRAZY FEELING


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]