忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Making April / Runaway World (2006年)



今回紹介する名盤は僕の大好きなジャンルの1つピアノエモのバンドのアルバムです。

ジャンル

エモ
ピアノエモ
オルタナティヴロック
ピアノロック

アメリカ

Sean Scanlon
Steven McCaffrey
Greg Federspiel


バンド

「Making April」を直訳すると「作る 4月」になります。

これは彼らのデビューした2005年3月、その前年から自主制作していたデモ音源を4月に発売しようとしていたが、その時にまだバンド名が決まっていなかったのです。
そこで発売日(4月)に間に合わせようという意味を込めて「4月に向けて作る」(Making April)となりました。

iTuneでレーベル未契約バンドの作品としてはあり得ない10万ダウンロードという快挙を皮切りに、Myspaceの未契約バンドトップ10入りを果たしたり、全米の若者を中心に流行っているドラマ「ラグナビーチ」の挿入歌に「These Are the Nights」が使用されるなどして頭角を現していきます。

またWaking Ashlandの中心人物Jonathan Jonesが新たに始動させたバンドWe Shot The MoonやRookie of the Year、Hawthorne Heights、Augustana、Cute Is What We Aim For、The Early Novemberといった様々なバンド達と共演をしています。

Making Aprilは2005年から活動を開始し、2009年の活動休止までの4年間の活動で2006年発表の「Runaway World」と2009年発表の「The Egg Hunt」の2作品だけなのです。

Making AprilやMaeJack's MannequinCopelandといったピアノエモバンドはもっと日本で流行ってもいいと思います。

日本人好みのメロディーが満載でボーカルの声も爽やかな美声が多いのですが、悲しいことに知る機会が無さすぎるのです。

アルバム

本作はそんなMaking Aprilの結成半年足らずで作り上げた曲達にボーナストラックを加えた作品になります。

アコースティックギターとピアノなのに、Sean Scanlonの気持ちいいくらいにストレートに歌声でエモに仕上がっているんです。

1曲目の「These Are The Nights」はしっとりとしたピアノで静かに始まり中盤の盛り上がりが最高にエモーショナルです。

思わず自転車を立ち漕ぎしたくなる疾走感溢れる3曲目の「Driveway」そして、タイトル曲の「Runaway World」はキラキラしたアコースティックギターに甘美なピアノといったMaking April節炸裂の名曲です。

アコースティックギターとピアノで奏でるエモの名盤を是非。

Runaway World


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]