忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

坂本慎太郎 / ナマで踊ろう / Let's Dance Raw(2014年)



今回紹介する名盤は2010年に解散したゆらゆら帝国の中心人物のアルバムです。

ジャンル

インディーロック
サイケデリックロック

日本

坂本慎太郎



バンド

坂本慎太郎は元ゆらゆら帝国のギタボとして活動を始め、2010年に「ゆらゆら帝国は完全に出来上がってしまったと感じました」と言い残し、解散するまでの21年間でインディーズ時代も含めるとアルバム11枚も発表しました。

ゆらゆら帝国解散後は自身のレーベル「zelone records」を設立し、シングル「幽霊の気分で」で待望のソロデビューを果たします。
そして、同年にドラム以外一人で全部の楽器を演奏したアルバム「幻とのつきあい方 / How To Live With A Phantom」を発表したり、ママギタァのアルバムやドラマ「まほろ駅前番外地」の音楽なども担当したりと多忙な中、2014年に2枚目のアルバム「ナマで踊ろう / Let's Dance Raw」を発表しました。

この2枚のアルバム「How To Live With A Phantom」と「Let's Dance Raw」はIggy and the StoogesやDinosaur Jr.が在籍していたFat Possum RecordsとOther Musicという海外レーベルからそれぞれ発表されています。

そして、2016年には前作と同じくドラム菅沼雄太とベースAYAの3ピースバンドスタイルを基本として録音したアルバム「できれば愛を / Love If Possible」を発表しました。

また以前から親交があるバンドYo La Tengoの来日公演でシークレットゲストとしての出演したり、
α-STATION"FLAG RADIO"の偶数月の水曜日のラジオを担当したりもしています。

坂本慎太郎の好きなものとして「水木しげる」「楳図かずお」「Peter Ivers」「Jimi Hendrix」「The Velvet Underground」「NEU!」などをあげています。

因みに既婚で子どももいます。

アルバム
本作は坂本慎太郎の2枚目のアルバムで第7回CD ショップ大賞2015入賞しました。
本作のコンセプトは「人類滅亡後の地球で鳴り響く音楽」というとても恐ろしいものになっています。

前作の「まともがわからない」のようなシティポップ的な感じの曲をイメージしていただけに、このギャップは強烈でした。

まず「スーパーカルト誕生」が出来上がってそこから妄想を膨らませ完成させた本作ですが、どの曲もメロディーや曲の雰囲気はムーディーでかつエキゾチックなんです。

「あなたもロボットになれる」なんて子ども番組で流れててもおかしくないくらいに可愛らしいのに、歌詞を見てみると

「眉間に小さなチップを埋めるだけ 決して痛くはないですよ」
「不安や虚無から開放されるなら 決して高くはないですよ」
「日本の5割が賛成している 危険のランプが点滅している」

これは漫画家 楳図かずおの代表作「14歳」で地球が壊れていくときに大統領の奥さんが国民にドラッグを許可するところからインスピレーションを得て出来たそうです。

坂本慎太郎が見えている世界を音楽として落とし込んだ退廃的エキゾチックな名盤を是非。

関連記事
ゆらゆら帝国 / 3×3×3 (1998年)
ゆらゆら帝国 / ゆらゆら帝国のしびれ (2003年)

ナマで踊ろう


拍手[0回]

PR

ゆらゆら帝国 / ゆらゆら帝国のしびれ (2003年)



今回紹介する名盤は1つの音楽が完成されて解散してしまった伝説的バンドのアルバムです。

ジャンル

サイケデリックロック

日本

坂本慎太郎
亀川千代
柴田一郎



バンド

よく「邦楽とか洋楽の劣化版だよねー」とか言う人がいますが、私は「日本の音楽が世界に劣るなんてとんでもない!」と声を大にして言いたい。
そりゃ、邦楽は日本だけで洋楽はイギリス、アメリカ、北欧などたくさんの国があるので、すごい人達が日本より多いのは必然です。

しかし、日本にもすごい人達はたくさんいます。
その中のひとつを今日は紹介したいと思います。
少し邦楽をかじったら、よく名前は聞くと思います。

もし見た目の感じや、ヘンテコリンなバンド名で敬遠してる人がいたら、騙されたと思って「発光体」「ズックにロック」「ゆらゆら帝国で考え中」を聴いてみてください最高にカッコいいので。

ゆらゆら帝国は一言で表すならJimi HendrixThe Velvet Undergroundを足して水木しげるで割ったような音楽です。
要はサイケデリックロックを水木しげるの世界観で解釈した音楽です。

日本が世界に誇る文化、漫画や妖怪の世界を上手く取り入れていると思います。

私がもし外国の人に「HEY!日本でクールなバンドはないかい?」って聞かれたら、真っ先にこのバンドを勧めます。

現在は坂本慎太郎がソロで活動しているのでゆらゆら帝国が気に入ったらそちらにも手を伸ばしてみてはどうでしょうか。
より洗練されたアダルトで独特な音楽を鳴らしています。

ゆらゆら帝国は2010年に「ゆらゆら帝国は完全に出来上がってしまったと感じました」となり、惜しまれつつも解散となりました。


アルバム
本作は「ゆらゆら帝国のめまい」と同時発売されました。
わりと耳馴染みのいい曲を集めた「めまい」と違い攻めた曲で構成された「しびれ」です。

もし「めまい」は好きだけど「しびれ」はちょっと馴染めないんだよなーという人もいるかもしれません。
そういう人は「しびれ」はゆらゆら帝国版ポストロックとイメージして聴くと取っ付くやすいんではないかなと思います。

テレビでチヤホヤされてる歌手達は全部同じ曲に聴こえるのですが、ゆらゆら帝国はそれぞれのアルバムごと、曲ごとに個性があって聴いていて飽きません。

因みにラストの大曲「無い‼」はクラウトロックの代表的バンドNEU!の名曲「Hallogallo」のオマージュです。

ゆらゆら帝国という日本のバンドが表現するポストロックは唯一無二、痺れる名盤を是非。

関連記事
ゆらゆら帝国 / 3×3×3 (1998年)
坂本慎太郎 / ナマで踊ろう / Let's Dance Raw(2014年)

無い‼


拍手[0回]

Mats/Morgan Band / Thanks for Flying with Us (2005年)



今回紹介する名盤はFrank Zappa学校卒業生の2人組バンドのアルバムです。

ジャンル

プログレッシブロック
ジャズロック
フリージャズ

スウェーデン

Morgan Ågren
Mats Öberg



バンド

Mats/Morgan Bandはスペーシーな音色でユニークなメロディーを、全盲ということを疑うくらいの勢いでかき鳴らすキーボードMats Öbergと、10代ですでに完成されていた幾何学的な変拍子を怒濤の手数で叩きまくるドラムMorgan Ågrenの幼馴染み二人組が中心となったバンドになります。

世界の数ある変態バンドの中でも、かなりレベルの高い技術力を持っています。

スタジオアルバムに負けないくらいライブアルバムを出すほどのライブバンドで、スタジオアルバムはコミカルなメロディーをサラッと弾きこなすキーボードがキラリと光りますが、ライブアルバムになると鬼のような暴れまくるドラムに聴き惚れます。

音源だけじゃ何がどうなってるのかが全くわかりませんが、ライブ映像を見てもやっぱり何がどうなってるのかわからないくらい凄まじい演奏なんです。

彼らを有名にしたのは他でもない2人が敬愛するFrank Zappaでしょう。
10代そこそこでFrank Zappaの完コピをやってのけ、Frank Zappaがその演奏技術を絶賛したといいます。

そして、1993年にFrank Zappaが発表した「Zappa Univers」に参加し一躍注目を集め、1996年にMats/Morgan Bandとして「Trends and Other Diseases」を発表し、様々な超絶技巧の名手達を迎えながら現在まで活動しています。

因みにその名手達の中にはMorgan Ågrenの弟Jimmy Ågrenやテルミン奏者、スプーン奏者など一筋縄ではいかない編成の時もあります。

自分で書いといて意味不明ですが、King Crimsonの演奏技術とFrank Zappaの変態センスを未来的に解釈したような音楽です。


アルバム
本作は数々のライブなどで脂の乗ったMats/Morgan Bandの3枚目のスタジオアルバムになります。

相変わらず変態度合いは健在で1枚のアルバムの中で縦横無尽にジャンルの垣根を行き来する様は聴いていて楽しいです。

もっと言うと1曲の間でジャズやプログレ、エレクトロニカ、ポストロックなど目まぐるしく移り変わるのにも関わらず、ひとつの音楽として完成されているから驚かされます。

独特の浮遊感を作り出す自由奔放なメロディーに、緻密に計算されためちゃめちゃな変拍子に聴くものをトリップさせてしまいます。

玄人集団が精巧に考え抜かれた音楽を好き勝手演奏して出来上がった人懐っこい名盤を是非。

Sinus


拍手[0回]

Neil Young / After the Gold Rush (1970年)



今回紹介する名盤はKurt Cobainの遺書に歌詞の一部を引用したほど尊敬していたアーティストのアルバムです。

ジャンル

フォーク
フォークロック
カントリー
ロック

カナダ

Neil Young



アーティスト

Neil Youngはローリングストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト17位、アーティスト34位、シンガー37位そして、イギリスの音楽誌では歴史上最も偉大な100人のシンガーで65位にそれぞれランクインしており、もう生ける伝説的な存在なのです。

Neil YoungはBuffalo Springfieldというバンドで長い音楽人生をスタートさせます。
そして、1969年からソロとして活動を始めたり、長い付き合いとなるCrazy HorseやCrosby, Stills, Nash & Youngに参加したりとNeil Youngの音楽人生隆盛期を迎えます。

その後もグランジブームが起こる前にSonic Youthとツアーを行ったり売れ線に走らず、自分の音楽を貫きつつ、テクノやロカビリーといった新しいことにも挑戦する生き方はまさにロックそのものでした。

この事でNeil Youngはグランジの祖父の異名をとりました。
Dinosour Jr.Pixies、Sonic Youth、Nirvana、Pearl Jamといったバンドに大きな影響を与えました。

湾岸戦争の時にライブでBob Dylanの「Blowin' in the Wind 邦題 風に吹かれて」をあえて歌い、2001年にアメリカで起きた同時多発テロのチャリティー番組で当時放送自粛になっていたJohn Lennonの名曲「Imagine」をあえて歌ったりとロック魂溢れる音楽人生を歩んでいます。

そんな長い音楽人生でライブアルバムやCrosby, Stills, Nash & YoungやCrazy Horseでのアルバムを合わせると優に50枚を越えるほど多く作品を世に送り出してきました。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第四部に登場する重ちーとこ矢安宮重清の元ネタです。


アルバム
数あるNeil Youngのアルバムの中でも最高傑作との呼び声が高い本作はCrosby, Stills, Nash & Youngでの活動中に発表されたアルバムであります。

1曲目からアコースティックなNeil Young節が炸裂する名曲「Tell Me Why」続いてピアノの弾き語りのタイトル曲「After the Gold Rush」この曲はRadioheadのThom Yorkeがカバーしていました。


Crosby, Stills, Nash & Youngのような美しいコーラスの「Only Love Can Break Your Heart」と怒濤の美しい音楽が続きます。

ただ美しいだけのアルバムで終わらないのが、Neil Youngで続く4曲目は黒人差別について歌う「Southern Man」ではエレキギターの唸りが聴けます。

吟遊詩人Neil Youngが全盛期に作り上げた極上の名盤を是非。

After the Gold Rush


関連記事
Neil Young / Harvest (1972年)

拍手[0回]

U2 / Joshua Tree (1987年)



今回紹介する名盤は奇跡のバンドと言われるバンドのアルバムです。

ジャンル

ロック
オルタナティブロック

アイルランド

Bono
The Edge
Adam Clayton
Larry Mullen Jr.



バンド

なぜU2が奇跡のバンドと言われるかといいますと1976年に結成してから1度もメンバーが代わることなくメンバー間の中が常に良好という珍しいロックバンドだからです。

U2は1980年にデビューアルバム「Boy」そして翌年には「October」をそれぞれ発表し、1983年に「WAR」を発表しました。
「WAR」はバンド初の全英1位を獲得し人気バンドの仲間入りを果たします。

さらにライブ活動でU2の人気はイギリスに始まるヨーロッパだけでなく、アメリカにも飛び火します。
ローリングストーン誌はU2を1983年度の最優秀バンドに選ばれました。

1984年には広島や長崎への原爆投下を生き抜いた被爆者について歌ったタイトル曲やキング牧師について歌った「Pride」などU2の代表曲を収録した「Unfogettable Fire 邦題 焔」を発表しました。

そして1987年にU2の最高傑作と名高い「The Joshua Tree」が発表されます。
全英全米1位を獲得し全世界で2000万枚を売り上げ、グラミー賞を受賞するなど一躍全世界で大ヒットしました。

その後も精力的に活動を続けBob DylanやB.B.Kingなどが参加した「Rattle and Hum 邦題 魂の叫び」を発表したり、賛否両論の物議を醸した「Achtung Baby」2014年には「Songs of Innocence」がiTunesにて無料配布されたりと現在も精力的に活動を続けています。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第四部に登場したアクトン・ベイビーの元ネタです。

あとスティール・ボール・ランに登場した老人ノリスケ・ヒガシカタの愛馬ホノオの元ネタかもしれません。
というのはPINK FLOYDの「Wish You Were Here 邦題 炎〜あなたがここにいてほしい」のどちらかです。


アルバム
本作は上記したように全英全米1位を獲得し全世界で2000万枚を売り上げ、グラミー賞を受賞するなど一躍全世界で大ヒットしたアルバムになります。

またローリングストーンの選ぶオールタイムベストアルバム500では27位にランクインしています。
本作は今までにはなかったブルースやカントリー、ゴスペルなどのアメリカ的要素が強く出ていて音の奥深さと力強さがより増しました。

その結果「With or Without You」は初の全米1位を記録しました。
1曲目の「Where the Streets Have No Name」のイントロを聴くだけで名盤だと気付き、怒濤の前半名曲3連打を聴き終わる頃には確信するはずです。

荒野な大地のような壮大さに旅の儚さアメリカの寛大さをまとめた名盤を是非。

With or Without You


拍手[0回]

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]