忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

King Crimson / Discipline (1981年)



今回紹介する名盤は音楽界に革命を起こしたプログレ御三家の一人のアルバムです。

ジャンル

プログレッシブロック
実験音楽
ジャズロック
フリージャズ

イギリス

Robert Fripp



バンド

皆さんが考えるロックがもっとも栄えていた1年は何年でしょうか?
私は1969年が最も実りのある年と考えます。

The Beatles「Abbey Road」
The Who「Tommy」
Led Zeppelin「Led Zeppelin」「Led Zeppelin Ⅱ」
The Band「The Band」
The Glateful Dead「Live/Dead」
The Rolling Stones「Let It Bleed」
Bob Dylan「Nashville Skyline」
King Crimson「In The Court Of The Crimson King」

他にもたくさんありますがこれら名盤すべて69年発表なんです。
そして、忘れてはいけない伝説のフェス「ウッドストック」もありました。

Robert Frippはローリングストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリストにおいて第62位のギタリストでロックギタリストでは珍しい椅子に座りながら演奏します。
Robert Frippの演奏を聴いたJimi Hendrixは「左手で握手してくれ、こっちの方がハートに近いから」と言った逸話があります。

また、Brian Enoと親交がありMicrosoft Windows Vistaの起動音の製作を手がけるなどもしています。

70年代King Crimsonはフリージャズを突き詰めたプログレッシブロックといった感じのバンドで、80年代King Crimsonは後のマスロックに多大な影響を与えることになります。

90年代以降Robert Frippは年老いていくのと逆転して歳を重ねるごとにますますヘビーなサウンドを鳴らしていきます。

King Crimsonを初めて聴いたThe WhoのPete Townshendは「恐ろしいほどの傑作だ」と言ったり、イギリスの音楽雑誌ではあのThe Beatlesの「Abbey Road」を無名バンドのデビューアルバムが引き摺り下ろしたと騒がれてThe Beatles一色の時代に革命を起こしたのです。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第五部のラスボス、ディアボロのスタンドの元ネタです。


アルバム
1974年にKing Crimsonは一旦解散してしまいましたが、1981年に再結成して初のアルバムになります。

メンバーにはFrank Zappa一門を首席で卒業したギタリストAdrian Belewと多方面で活躍しているベーシストTony Levin、Yesの黄金期を支えたドラムBill Brufordの3人を従えての4人編成バンドです。

今から思うと恐ろしいくらいに完全無欠の布陣ですが、当時の保守的なファンからは「King Crimsonにアメリカ人が参加するなんて…」と賛否両論だったそうです。

King Crimsonで演奏するAdrian Belewはまるで子どものように楽しそうにギターを操る様は見ていて気持ちいいです。

厳格な性格で知られるRobert Frippですが、以外にも楽天的に見えるAdrian Belewと馬が合うのか以降長く付き合います。

Disciplineとは直訳で規律や鍛練などを意味するのですが、まさにその通りで「Frame By Frame」の演奏なんて人間業ではありません。
因みにRobert Fripp本人が選ぶKing Crimsonの秀作は泣く子も黙る「In The Court Of The Crimson King」Nirvanaに多大な影響を与えた「RED」そして本作「Discipline」になります。

Robert Frippが無敵バンドKing Crimsonに与えた鍛練の音が収められた名盤を是非。

関連記事
King Crimson / In The Court Of The Crimson King (1969年)

Frame By Frame


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]