忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Eluvium / Similes (2010年)



今回紹介する名盤はアンビエントやポストクラシカル界で人気の高いアーティストのアルバムです。

ジャンル

ポストクラシカル
アンビエント
ポストロック
シューゲイザー

アメリカ

Matthew Robert Cooper

アーティスト

EluviumはMatthew Robert CooperのソロプロジェクトでExplosions in the SkyやMono、The Booksなどと同じレーベルで活動していき徐々に知名度を上げていきます。

Eluvium名義で現在1番新しい作品である2013年発表の「Nightmare Ending」はゲストとしてYo La Tengoの中心人物Ira Kaplanが歌っていたり、同じレーベルで仲良しのExplosions In The SkyのギタリストMark Smithが参加していたりします。

Eluviumを紹介する時にGoldmundやGonzales、Jóhann Jóhannsson、Sigur Rósのファンにおすすめと書いてあるのを目にしますが、Sigur Rósの静かなノイズをさらに奥行きを増して、その上にGoldmundのような優美なピアノサウンドを乗せた感じのイメージです。

私はEluviumの音楽を聴いているといい意味でモヤモヤして不思議な感じがするんです。
それはEluviumの作品全てに言えることなのですが、霞がかった空気が漂うようなノイズにシトシトと降る雨のようなピアノの音で構成される音世界なのです。

Eluviumとは直訳すると「風化残留物」となります。
これは風化によって表面が削り取られ残った物という意味だそうです。

これを知った時私は正しく!とスカッとしました。
Eluviumの作品を聴き終わるとと心が風化されてストレスや嫌な記憶、気疲れが薄れていく感覚がするんです。

アルバム

基本的にインストの作品が多いのですが、本作はMatthew Robert Cooper本人が歌っているボーカル入りの作品になっています。

2005年に発表された「Talk Amongst the Trees」より音の霧の濃度は薄い気がします。

なので、「Talk Amongst the Trees」では少し物足りなくて退屈に感じてしまった人は本作を是非聴いてみてください。

シューゲイザーのように何層にも重ねた柔らかいノイズはやさしくそっと包み込んでくれます。

輪郭のはっきりしないおぼろ気なノイズと美しいピアノの旋律で日々の疲れを風化させてくれる名盤を是非。

Leaves Eclipse the Light


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]