忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

DAISHI DANCE / the ジブリ set (2008年)



今回紹介する名盤は3台のターンテーブルを巧みに操り、華麗なカッティングエッジで多くの人々を踊らせているDJ兼プロデューサーのアルバムです。

ジャンル

ハウス
EDM
クラブミュージック

日本


アーティスト

DAISHI DANCEという名前の由来は語呂が良かったというのとDAISHI DANCEが学生の頃にクラブでDJをしている姿を見たお客さんが「ダイシダ~ンス」と冷やかしたことを気に入ってずっと使っているので深い意味はないのです。

デビューをする時にDJ DAISHIに改名するつもりだったのに当時の社長がDAISHI DANCEという名前の意味のわからない感じを気に入っていたので変更せずに今に至るのです。

デビュー当時は「the P.I.A.N.O. set」や「MELODIES MELODIES」哀愁感漂うメロディアスなハウスミュージックを得意としていましたが最近は「EDM LAND」などEDM的なアプローチが強くなっています。

そして、以前はSTUDIO APARTMENTやFreeTEMPOなどといろんなイベントに参加していたりしました。
今も変わらず活動の拠点は札幌ですが、最近は札幌以外にもアジア最大級のクラブイベントageHaを始めGRAND Cafe、京都WORLD、福岡O/D、韓国CLUB ELLUIなどの国内外の大型メジャークラブイベントでDJとして出演していて年間150回以上のギグをこなしています。

BIGBANGやAFTERSCHOOL、RAINBOWなどの韓国の人気アーティストに楽曲提供をしたり、女性に人気の雑貨屋Francfrancのコンピレーション作品「EVER WHITE」を手掛けたり、リミックスやプロデュース作品など様々な形で活躍しています。

DAISHI DANCEの知名度を上げる切っ掛けとなった作品の1つに2008年発表の「the ジブリ set」があり、これはかなりのロングセラーを記録し2013年には「the ジブリ set 2」が発表されました。

アルバム

本作は皆知ってるアニメ映画「ジブリ作品」の音楽をハウス調にカバーしたアルバムです。
ジブリの音楽は数えきれないほどカバーされていて、ジャズやハワイアンなど本当に様々です。

ジブリのカバーがどれも秀逸なものばかりなのは久石譲が作り出す原曲がどれも素晴らしいからなのでしょう。

⚪天空の城ラピュタ
君をのせて feat.麻衣

⚪千と千尋の神隠し
あの夏へ
いつも何度でも feat.Chieko Kinbara

⚪となりのトトロ
風のとおり道
となりのトトロ

⚪おもひでぽろぽろ
The Rose feat.Lori Fine(COLDFEET)

⚪魔女の宅急便
海の見える街

⚪ハウルの動く城
人生のメリーゴーランド
風の谷のナウシカ
ナウシカ・レクイエム
風の伝説

⚪もののけ姫
もののけ姫

⚪耳をすませば
Take Me Home Country Roads feat.arvin homa aya

この曲目を見ただけで名盤であることは間違いないと確信できるでしょう。

1曲目の「君をのせて」を歌っている麻衣という女性はなんと久石譲の愛娘なのです。

DAISHI DANCEは久石譲に影響を受けているので、本作はまさに原点回帰と言える名盤を是非。

君をのせて


拍手[1回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]