忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Goldmund / Malady of Elegance (2008年)




今回紹介する名盤は「Helios」「Mint Julep」「SONO」などの名義で活動するKeith Kenniffのソロプロジェクトからのアルバムです。

ジャンル

ポストクラシカル
アンビエント
エレクトロニカ

アメリカ

Keith Kenniff


アーティスト

Heliosでの活動が最も有名かと思われますが、Goldmundも皆様に知って欲しいと思うのです。

Keith Kenniffはギター、ベース、ドラム、ピアノなど少年時代からさまざまな楽器を演奏していました。
そして、青年期に入りバンド活動を始めます。
その中でロックやジャズ、クラシックなど幅広い音楽に触れ、自分の求めていた音楽を知ります。

Keith Kenniffはアメリカ ボストンの名門バークリー音楽院で打楽器を専攻しました。

日本のいろいろなテレビ番組でもKeith Kenniffの音楽はBGMとして使われています。

アルバム

Heliosのセンチメンタルなメロディーセンスなどはそのままに、楽器をシンセなどの電子機器などではなく、レトロなピアノの音のみで作り出します。
要はHeliosのアナログバージョンとでも言いましょうか。

音楽聴きたいけど、どれもうるさく感じる。
でもアンビエントでは物足りない時に私はよく聴きます。
寝る時にかけると深い眠りに誘ってくれます。

深い海の底に沈んでいるレトロなピアノを奏でたかのような音です。
音が空気に包まれながらポコ…ポコ…と水面を目指しゆっくり上がっていくイメージです。

音の一つひとつを大事に奏でるKeith Kenniffの心の音を聴くことの出来る名盤を是非。

#2 In A Notebook



拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]