忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Kraftwerk / Tour de France (2003年)



今回紹介名盤は「エレクトロニック・ダンス・ミュージックのThe Beatles」と称されるバンドのアルバムです。

ジャンル

テクノ
エレクトロニカ
クラウトロック

ドイツ

Ralf Hütter
Florian Schneider
Karl Bartos
Wolfgang Flür


バンド

Kraftwerkは1967年にRalf HütterとFlorian Schneiderが中心となりOrganisationという名前で活動を始めますが、1970年に現在の名前「Kraftwerk」として活動していきます。

Kraftwerkを一躍有名にした作品が1974年に発表された「Autobahn」で世界規模でフォロワーを生みました。
熱狂的ファンであるMichael JacksonとDavid Bowiを始めJoy Division、New Order、RadioheadRed Hot Chili Peppers、Coldplay、Daft Punk、The Chemical Brothers、Aphex Twinとあげるとキリがありません。

エレクトロニカやテクノなど、電気音楽や打ち込み音楽の開拓者にして頂点と言っても過言ではありません。

Kraftwerkが凄いのは音楽は勿論のこと、アルバムジャケットも自分達でデザインし、しかも楽器を開発したり改造などもしてしまう集団なのです。
またライブでは映像面にもこだわりを持っていて、最近ではより一層力を入れていて、観客が専用メガネを付けて3D映像が観れるコンサートが世界各地で行われてとても高評価を得ています。

Kraftwerkの元メンバーにKlaus DingerとMichael Rotherは脱退後「NEU!」を結成して、後のパンクやニューウェイヴに多大な影響をもたらします。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第五部に登場するサーレーのスタンドの元ネタです。


アルバム

本作の和訳は「フランス一周」と言って、毎年夏にフランスおよび周辺国を舞台にして行われる自転車レースのことで本作はその大会の100年記念に作られた作品であります。

Kraftwerkが17年ぶりに発表した最新アルバムになります。

名盤として有名な「Autobahn」「Trans-Europa Express」に次ぐ乗り物シリーズ第3弾はなんと自転車で驚いた人も多いかと思います。

70年代に活躍していたとは到底思えない新しいサウンド、しかし決して若者では作れないであろう「余裕」という深さを感じます。

疾走感があるわけではないのにスピードを上げたい衝動に駈られる名盤を是非。

Tour de France


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]