忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

múm / Finally We Are No One (2002年)



今回紹介する名盤はSigur RósやBjörkなどと同じくアイスランドを代表するバンドのアルバムです。

ジャンル

ポストロック
エレクトロニカ
ドリームポップ

アイスランド

Örvar Smárason
Gunnar Örn Tynes
(Kristín Anna Valtýsdóttir)
(Gyða Valtýsdóttir)


バンド

múmはアイスランドで結成されたエレクトロニカバンドで2000年に「Yesterday Was Dramatic - Today Is OK」でデビューしました。

人の声やドアの開閉音などの生活音をサンプリングした手作り感溢れるエレクトロニクスとアコーディオンやメロディオン、グロッケンシュピールなどの様々なアコースティック楽器によるオーガニックなサウンドを融合させた音世界にKristínとGyða姉妹のロリータボイスを乗せた音楽性が高い評価を受けました。

イギリスだけで40以上のメディアから年間トップ10に選出されました。
また、これまでに原田知世など日本のアーティストへ楽曲提供を行ったこともあり、フジロックフェスティバルなど様々なフェスにも出演するなど日本でも人気が高いバンドです。

「múm」というバンド名「múm」という文字を並べた時、2頭の象が横向きで鼻を絡めあう姿をイメージしてつけたので深い意味はないそうです。

múmはKristínとGyða姉妹が脱退するまでのノスタルジックで浮遊感漂う「Yesterday Was Dramatic - Today Is OK」から「Summer Make Good」までと、牧歌的な可愛らしい音世界の「Go Go Smear the Poison Ivy」以降の作品に分けられます。

しかし、2013年に発表された最新作「Smilewound」ではKristínとGyða姉妹が復帰して初期のメンバーになり話題になりました。

KristínはMice Paradeのアルバムに参加したりしています。


アルバム

本作はKristínとGyða姉妹が在籍している頃の作品ですので、ノスタルジックで浮遊感漂う愛くるしい音世界を楽しめます。

múmの音はまさに私たちのイメージするアイスランドを音にして届けてくれます。
基本は冬の澄んだ空気のような音世界なのですが、にきらびやかなオーロラのようなサウンドだったり、アコースティック楽器のサウンドでふんわりとした暖かみがあります。

これは雪の積もらない都会より、雪国の方が気温差に大差なければ暖かい現象と同じような感じがします。

エレクトロニカもポストロックもどっちも聴きたいという欲張りさんにはこの愛くるしい名盤を是非。

We Have A Map Of The Piano


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]