忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Mice Parade / Bem-Vinda Vontade(2005年)



今回紹介する名盤はFatCat RecordsというAnimal Collectiveやmúm、Sigur Rósといったバンドが在籍していた優良レーベルで活躍しているバンドのアルバムです。

ジャンル

ポストロック
インディーロック
エレクトロニカ
ダブ

アメリカ

Adam Pierce

バンド

Mice Paradeは元々Dylan Cristyを中心として活動していたバンドThe Dylan Groupでドラムを叩いていたAdam Pierceのソロプロジェクトでこれまでに多くのアーティストと共演をしていました。

また、Adam Pierceはいろいろなバンドのサポートでドラムを叩いていて、日本で言うとクラムボンでもドラムで参加したこともあります。

Adam Pierceのドラムは独特な変拍子を駆使し、余計な音を鳴らない的確なドラミングで、電子音も無駄な音を重ねずにしっかりと引き算をしています。

Mice Paradeの音世界は北欧を感じるエレクトロニカ感やワールドミュージックを思わせるグルーヴ、アメリカのシカゴ的なインディー感と本当に多国籍なサウンドです。

これまでに9作品発表していますが、作品ごとに演奏される楽器やアーティストが入れ替わるので、作品によって音世界が変わるので飽きずに聴けます。

ただ全てに言えることは、暖かみのある優しいサウンドということでしょう。

また自身で主宰しているBubble Coreやファットキャット・レコーズから作品を発表しているので、本当に自分のやりたいように音楽を自由な発想で作れることも強みなのでしょう。

アルバム

本作は上記したアイスランドを代表するエレクトロニカユニットmúmとも親交があり本作でもKristín Anna Valtýsdóttirが参加しています。

さらに8曲目の「Ground As Cold As Common」クラムボンの原田郁子が参加しています。

Mice Paradeの中でも唄もので且つ、実験性も少なく、アルバム1枚聴くのに50分かからないのでMice Parade入門に最適だと思います。

もたつくような下手うまドラミング、きらびやかな電子音にシューゲイザーのようなギターサウンドそこにフレンチポップな唄が絡むポストロックの名盤を是非。
Nights Wave


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]