忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Talking Heads / Remain in Light (1980年)



今回紹介する名盤はローリングストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティストで第100位にランクインしているバンドのアルバムです。

ジャンル

ニューウェーブ
アートロック
ポストパンク

アメリカ

David Byrne
Chris Frantz
Tina Weymouth
Jerry Harrison


バンド

Talking Headsは美術学校出身のメンバーで形成されているのでよくインテリバンドと呼ばれていました。

デビュー作「Talking Heads: 77」では商業的成功こそしませんでしたが、音楽業界内では高い評価を得ました。

彼等が勢力的に活動していた70年代末期から80年代初期は万人受けを狙った曲、言わば売れる曲を書くというのが主流になりそれらをまとめて産業ロックと言っていた。

聴いてもらったらわかると思いますが彼等はそんな時代に独自の音楽を鳴らす個性的なバンドでありました。

それを評価したBrian Enoがプロデュースして話題になりました。

その事で2002年にロックの殿堂入りを果たしたりなど、今の人達にも評価されているのだと思います。

南米の民族的アフリカンビートに芸術性の高いインテリ感のあるデジタル音が合わさり、これまでにない個性的な音楽を作り上げました。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第五部に出てくるティッツァーノのスタンドの元ネタです。

アルバム

本作はギターで象の鳴き声を奏でるKing CrimsonのギタリストAdrian Belewも本作に参加しているのも完成度の高さに繋がっているのだと思います。

私はこのアルバムを初めて聴いた時、リズムやギターサウンドがZAZEN BOYSみたいだなと思いました。
なので、ZAZEN BOYSが好きな方は是非聴いてみてください。

白人の解釈で作られたアフリカンポリリズム、今のダンスミュージックやトランスミュージックに影響を与えた名盤を是非。

Born Under Punches


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]