忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Mumford & Sons / Babel (2012年)



今回紹介する名盤はOasisのNoel Gallagherから「こんな曲を書いてみたい」と言わしめたバンドのアルバムです。

ジャンル

インディーフォーク
フォークロック
カントリーロック
ブルーグラス

イギリス

Marcus Mumford
Winston Marshall
Ben Lovett
Ted Dwane

バンド

Mumford & Sonsは2007年に結成されたイギリス出身の4人組フォークロックバンドでデビューアルバムである「Sigh No More」は全世界で800万枚以上という驚異的な売り上げを記録し、グラミー賞やNMEアワードの最優秀新人賞にノミネートされるなど今最も注目されている新人バンドの一つであると言えるでしょう。

2012年発表の「Babel」は全米全英1位はもちろんのこと、イギリスではLana Del Reyが持っていた初週売上記録を塗り替え、アメリカではJustin Bieberが持っていた初週売上記録を塗り替えました。

さらに、6曲が全米シングルチャートにランクインし、48年間でThe Beatlesしか成し遂げたことのないこの記録に並ぶという快挙を成し遂げました。

もちろん2013年のグラミー賞にて最優秀アルバム賞を受賞しましたし、本当にいろいろな記録を塗り替えてしまいました。

アルバム

本作はヒップホップやダンスミュージックばかりがひしめく中、60年代70年代のThe BandThe EaglesCrosby, Stills, Nash & Youngのような上質な古き良きカントリーミュージック、フォークソングが再び息を吹き返したと言える作品です。

今の時代だからこそ、新鮮身があるのかもしれませんね。

1曲目の「Babel」や3曲目の「I Will Wait」は後世に残すべき名曲と言っても過言では無いと思います。

ヒップホップやダンスミュージックにはない生の楽器演奏だからこそあるフォークの内側からくる高揚感を味わえる名盤を是非。

I Will Wait


Babel


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]