忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Crosby, Stills, Nash & Young / Deja Vu (1970年)



今回紹介する名盤は1969年の伝説の野外フェス「ウッドストック」にてテーマソングを披露したグループのアルバムです。
ジャンル

フォーク
ロック

アメリカ

David Crosby
Stephen Stills
Graham Nash
Neil Young


バンド

Crosby, Stills, Nash & Youngはメンバーの名前をくっつけただけのとてもわかりやすいグループ名です。
安易に付けられたと思われがちですが、これには意味が込められています。

The Byrdsで活動していたDavid Crosby
Buffalo Springfieldで活動していたStephen Stills
The Holliesで活動していたGraham Nash
この3人がグループを組んだことに世間で「スーパーバンドが誕生した」と話題になりました。
(そこに最強の助っ人Neil Youngが加わりました。)

しかし、彼等の発想は違い「1つのバンド」ではなく「個人の持ち味を尊重して活動するグループ」として活動していました。

なので、一緒に出来る時は一緒にするし、個人で活動したい時は個人で活動するという当時では珍しいスタンスでした。

また、アコースティックギターでロックをするというスタイルはEaglesやLed Zeppelinを始め、多くのフォロワーを生みました。

因みにジョジョの奇妙な冒険 第七部 スティール・ボール・ランの主催者スティーブン スティールの元ネタはメンバーのStephen Stillsです。

アルバム

本作は全米で1位全英で5位を記録するウェストコーストロックの歴史的名盤です。

本作は上記したように個人を尊重した結果、1曲1曲にそれぞれの個性が表れていて聴いていて飽きが来ません。

しかし、一人ひとりの声が重なるハーモニーは1つの美しい和音となり耳に流れてきます。

4曲目の「Helpless」はThe BandのThe Last Waltzで演奏していたりするので聴いたことがある人も多いのではないかと思います。

そして、5曲目の「Woodstock」は名前を見てわかるようにウッドストックのテーマソングとしてJoni Mitchellが提供した作品です。

各人の個性が衝突して出来た魔法のようなハーモニーに多彩なサウンドが聴ける名盤を是非。

Helpless


Woodstock


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]