忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Mouse On The Keys / Sezession (2007年)



今回紹介する名盤はModest Mouseから日本ツアーのサポートに指名されたバンドのアルバムです。

ジャンル

ポストロック
ジャズ
ハードコア

日本

川崎 昭
清田 敦
新留 大介


バンド

Mouse On The Keysは元々NINE DAYS WONDERというポストロックバンドとして活動していましたが、その元メンバー川崎 昭と清田 敦で2006年結成しました。

そして2007年にtoe主宰のレーベルMachu Picchuからミニアルバム「Sezession」を発表し無名のバンドでは異例の5000枚以上の売り上げを記録し、収録されている「最後の晩餐」は資生堂マキアージュのCMに起用されています。

その他にもキューピーハーフのカサブランカとタジン鍋やJTの缶コーヒーRootsなど、それ以降様々なCMでMouse On The Keysの曲は使用されます。

2009年に新留 大介を迎えて3人組のバンドとして活動を始め、初のフルアルバム「an anxious object」を発表しました。
その翌月からは仙台を皮切りに京都、名古屋、東京の4都市でリリースツアーが行われました。

Mouse On The Keysはギターのいないピアノを中心としたバンドをコンセプトで結成したので、クラシックを思わせるピアノ2人とハードコアやヘヴィメタルを思わせるドラム1人という変わった編成のバンドなんです。

2011年には→Pia-no-jaC←やSPECIAL OTHERS栗コーダーカルテットなどが参加したスクウェアゲームのトリビュートアルバム「More SQ」に参加し、ファイナルファンタジーVIIIの「The Extreme」をカバーしました。

2011年3月11日に東日本大震災が起きた時Mouse On The Keysはイギリスにいました。
そこで義援金募集サイトDIY HEARTSにmouse on the keys×灰汁名義で震災後に行われたライブセッションを収録した「Live session 2011/3/28」を発表しました。

アルバム

本作はMouse On The Keysがまだ無名だった頃の作品で名曲「最後の晩餐」が収録されているのでMouse On The Keysを知らない人は聴いてみる価値ありです。

静寂の中にわずかに流れるピアノの音色、そして堰を切ったようにピアノが暴れだすとそれに共鳴するかのようにドラムも暴れだします。
するともうMouse On The Keysの世界に引きずり込まれ、この1曲だけでも買う価値ありです。

クラシックの持つ幾何学的な美しさと相反するハードコアの持つ混沌的な美しさが共存する珍しい音世界なんです。

ジャケットも真っ黒の画面に白文字だけというシンプルさに音で勝負しようとする自信を感じます。

音楽を突き詰めたネズミ達が鍵盤の上で踊って奏でた名盤を是非。

最後の晩餐


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]