忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

近藤浩治 / ヨッシーアイランド (1995年)



今回紹介する名盤は「でっていう」の鳴き声で有名な恐竜が主役のゲームのアルバムです。

ジャンル

ゲームミュージック
サントラ

日本

近藤浩治


アーティスト

これまでに最も売れたゲームは4000万本以上を売り上げた「スーパーマリオブラザーズ」です。
因みに第2位は「初代ポケットモンスター」で第3位は「テトリス」でそれ以降も任天堂が無双しています。

そして今回紹介するゲームは皆ご存知マリオの相棒ヨッシーが主人公のゲームになります。

あらすじを少し話しますとマリオとルイージが赤ちゃんだった頃、カメ一族の魔法使いカメックの占いで将来カメ一族の脅威となることがわかったカメックはこの双子の赤ちゃんをさらってしまおうと企みます。

そして、ベビールイージをさらうことに成功したカメックですが、ベビーマリオはヨッシー達が住むヨッシーアイランドに落っこちてしまいました。
ヨッシー達がこの赤ん坊についてどうしようかと会議しているとベビーマリオが「あっち、あっち」と指を差し始めたのです。

そこでヨッシー達はマリオを交替で運びながらこの赤ん坊の指差す方向を目指して冒険することになったのでした。

つまり、マリオ作品のプロローグ的作品といえます。

因みに「乗り捨てドラゴン」やら「でっていう」などの愛称で呼ばれているヨッシーですが、「T.ヨシザウルス・ムンチャクッパス」という歴とした名前があるのです。

当時の次世代ゲーム機では映像が綺麗な3Dゲームが注目を集めていましたが、本作は絵本のような手描きタッチのグラフィックが話題になりました。

全てクリアした後でも満点取ろうともう一周遊べるやり込み要素も当時とても画期的でした。

アルバム

本作は絵本のような手描きタッチのグラフィックに負けないくらいにメルヘンチックな音楽でゲームの世界観にピッタリなんです。

ゲーム経験者だったらこれを流すだけで「ワンワンに追われたのはトラウマだったな」とか「ベビーマリオの泣き声で凄く焦ったな」みたいな昔の楽しかった記憶が蘇ること間違い無しです。

ゲームサントラは高クオリティなのにも関わらず絶版でプレミア化してしまうという宿命を背負っているのです。

本作も例に漏れず絶版プレミア化してしまっています。

まるで寝る前にお母さんに読んでもらう絵本のような暖かい子守唄の名盤を是非。

フラワーガーデン


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]