忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Pele / The Nudes (2000年)



今回紹介する名盤は日本のポストロック界の第一人者toeに多大な影響を与えたバンドのアルバムです。

ジャンル

ポストロック
インディーロック
フュージョン

アメリカ

Jon Mueller
Chris Rosenau


バンド

Peleというとまず思い浮かぶのはサッカーの王様ペレだと思いますが今回は違います。
Peleは1997年にドラムのJon MuellerとギターのChris Rosenauを中心としたバンドで初期のベースにはキンセラ関連バンドのThe Promise RingのScott Schoenbeckが参加していました。

1997年というとAmericanfootballが結成した年でもあり、PeleはAmericanfootballと今後対バンなどをして深く関わっていくことになります。

Americanfootballはポストロック風のインディーロックなのに対し、Peleはインディーロック風のポストロックといった感じがします。

Peleは1997年~2004年の7年間で6枚のアルバムと2枚のスプリットアルバムを発表しました。
2004年に発表したスプリットアルバム「Pele / toe」はタイトル通りPeleと日本のポストロック界の第一人者バンドtoeとのスプリットアルバムです。

Peleはアメリカは勿論のこと、世界各地でツアーを成功させていき、日本を気に入ったPeleは解散ライブを東京の渋谷で演奏しました。

そのライブ映像は「Last Show at Shibuya O-nest, Tokyo 2004」に収められています。
また初来日の時には54-71とツアーをしました。

2004年に1度解散しましたが、ここでも仲良しバンドのAmericanfootballと同じく2014年に再結成して話題になりました。

Americanfootball以外にもグラミー賞受賞経験バンドBon Iverとも親交が深くPeleを前身とするバンドColonies of Beesとコンビを組んだバンドVolcano Choirとして活動するほどです。

アルバム

本作はPeleの4枚目のアルバムで実力とエネルギーのバランスが丁度よく発揮されたアルバムです。

AmericanfootballのようなキラキラサウンドとOwlsのような疾走感を合わせたような音世界なので、キンセラ関連が好きな人は聴いてみる価値ありですね。

Jon Muellerのウキウキするような変幻自在ドラムとChris Rosenauの疾走感溢れるキラキラギターでタイトなサウンドに纏まっていて、Peleの代表作とされているのでPeleを初めて聴こうと思っている人には本作をおすすめします。

変則的に変わるメロディーは聴いていて飽きがきません。

サッカーの王様ペレのドリブルのように華麗に流れるメロディーが聴ける名盤を是非。

Nude Beach. Pin Hole Camera


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]