忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Secret Garden / Dawn of a New Century (1999年)




今回紹介する名盤は北欧出身のバイオリニストとピアニストの2人組のアルバムです。

ジャンル

ケルト
ニューエイジ

アイルランド
ノルウェー

Rolf Løvland
Fionnuala Sherry


アーティスト

Secret Gardenのデビューアルバムはニューエイジでは異例の100万枚を売り上げ、自国ノルウェーではプラチナディスク、アイルランドではゴールドディスクを獲得しました。

そして、アメリカのビルボード ニューエイジ チャートでは1996年~1997年の1年間という長期に渡りチャートインを記録している。

Secret Gardenに限らずケルト音楽はRPGのゲームサントラのような感じがして個人的にとても好きです。
特にSecret Gardenの音楽を聴くと何処かに旅に出たくなります。

Secret Gardenの代表曲「You Raise Me Up」はJosh GrobanやWestlifeなどにカバーされヒットしたので聴いたことがある人も多いかもしれません。

また、NHKの番組などで使われていたりして、知らずに聴いている曲もあるかもしれません。

Secret Gardenの音楽はバイオリンとピアノの叙情的で澄んだアンサンブルで構成されていて、基本インストなのですが、そこに澄んだ歌声の入った曲が少しあるのがよりバイオリンとピアノのメロディーを引き立てます。


アルバム

本作が発表されたのが1999年、アルバムタイトルが「Dawn of a New Century」で、本作のテーマは「新世紀の夜明け」です。
世界が新世紀を向かえることに当時の人達は多少不安があったはずです。

そんな時Secret Gardenは喜びの音楽を奏でてくれました。

悲しみの中に熱い情熱を秘めた音世界です。

ちょっとした田舎道を散歩しながら聴くと何処かに大冒険をしている錯覚にさせてくれる名盤を是非。

Children of The River


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]