忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

i am robot and proud / Uphill City (2008年)



今回紹介する名盤はカナダ在住の中国系カナダ人のソロプロジェクトからのアルバムです。

ジャンル

エレクトロニカ

カナダ

Shaw-Han Liem

アーティスト

ユニット名の由来は彼が高校生だったときにマンガの神様 手塚治虫の「鉄腕アトム」(ASTRO BOY)に影響を受けてi am robot and proudという名前にしたそうです。

この人の音楽は非常にわかりやすいんです。
エレクトロニカ系は取っ付きにくい小難しいのが多いですが、彼のアルバムは違います。
わかりやすい美メロがいっぱい詰まっていて、角がなく丸みを帯びたメロディーでいっぱいです。
たまに中華風なフレーズが他にはない個性を出していて面白いです。

i am robot and proudの音を聴いてもらうとわかるかもしれませんが、彼は日本を代表するエレクトロニカアーティストであるレイハラカミを敬愛していました。
レイハラカミの音世界にハートフルな雰囲気を足したという感じです。

また、トクマルシューゴやオオルタイチなどの楽曲リミキサーとして参加したりと精力的に音楽活動をしていたからなのか、これまでコンスタントに作品を発表していましたが2008年発表の「Uphill City」から5年後の2013年に待望の新作「touch/tone」が発表されました。

アルバム

本作はキュートなピコピコ音でキラキラ光輝いて非常にハッピーな気分にさせてくれます。

可愛らしいコミカルなメロディーやリズムで聴いていて楽しくなります。

私はこのアルバムを聴くと、主人公の少年がおもちゃの世界で冒険をして、たくさんの経験と挫折を繰り返し、成長していくサクセスストーリーが目に浮かびます。

電子音だけなのにとてもポップで子どもから大人まで全ての人が楽しめるハートフルな名盤を是非。

Something To Write Home About


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]