忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Bjørn Torske / Feil Knapp (2007年)



今回紹介する名盤はダンスミュージックを北欧ノルウェーに広めた第一人者のアルバムです。

ジャンル

ハウス
エレクトロニカ
ダブ

ノルウェー

Bjørn Torske


アーティスト

Bjørn Torskeは幼少期にThe Beatlesを聴いて音楽に興味を持ち始め、ロックとヘヴィメタルにのめり込みますが、10代の頃から少しずつエレクトロニカに興味を広げます。

その後、音楽の趣味はさらに広がりCount Ossie & The Mystic Revelation Of Rastafarなどのダブやレゲエといった北欧とは全く逆に位置する音楽、CANやKraftwerk、Faust、Clusterといったクラウトロック他にはBrian Eno、Grace Jones、Prince、The Residents、Sun Ra、Moon Dogといった様々な音楽に影響を受けます。

そのためBjørn Torskeの音楽はエレクトロニカ、アンビエント、バレアリック、コズミック、ジャズ、フュージョン、ラテン、アフロ、ソウル、ファンク、クラウトロックといった音楽ジャンルの壁をぶち壊し、ごった煮にした感じなのです。

北欧の冷たくキラキラしたオーロラのようなサウンドと南の国の陽気でエキゾチックなリズムが見事に融合されたオリジナリティは唯一無二です。

Bjørn Torskeの音楽はノルウェーのリスナーから徐々に人気に火が着きLindstrømやPrins Thomas、Todd Terjeといったアーティスト達に多大な影響を与えました。

すぐ死ぬ主人公として多くのユーザーに愛されるアイレム社のファミコンゲーム「スペランカー」のサウンドをサンプリングしたりなどユニークな音楽的挑戦を行っています。

またBjørn Torskeは80年代中期からDJを始めてから数え切れないオリジナルやリミックスを世に送り出していろいろな場所でDJをする傍らIsmistikやOpen Skiesといった別名義でも活動しています。
しかし、1998年に「Nedi Myra」2001年に「Trøbbel」2007年に「Feil Knapp」2011年に「Kokning」とアルバムとしては少なめです。

アルバム

本作はBjørn Torskeが前作「Trøbbel」から6年の歳月をかけて製作された作品です。
本作には上記したファミコンゲーム「スペランカー」のサウンドをサンプリングした「Spelunker」を収録されています。

本作は本当に様々なジャンルの音楽が聴けるんです。
ゲーム音楽ファンには「Spelunker」バレアリック系ファンには静かに盛り上がる高揚感が魅力の「Loe Bar」壮大なイントロからアダルトなダブへとシフトチェンジしていく「Kapteinens Skjegg」など本当にいろんな角度から楽しめます。

似たようなサウンドが溢れかえっているエレクトロニカ界でひときわ異彩を放つユニークなエレクトロニカサウンドを鳴らしています。

北欧の澄んだ星空のようなサウンドと分厚いベースに南国の陽気なパーカッションが気持ちいい名盤を是非。

Loe Bar


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]