忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Marvin Gaye / What's Going On (1971年)



今回紹介する名盤はNat King Coleの洗練さと、Sam Cookeの力強さを掛け合わせたソウルシンガーのアルバムです。

ジャンル

ソウル
ゴスペル
ファンク

アメリカ


アーティスト

Marvin Gayeはローリングストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガーでは第6位に、そしてローリングストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティストでは第18位にランクインしています。

また、Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガーでは第6位にランクインするほどの歴史的シンガーです。

Marvin Gayeの華麗な音楽センスと歌唱力は勿論凄いのですが、それとは別にベトナム戦争や公害、貧困といった当時の社会問題を取り上げ、これまでシングル盤が中心の時代にアルバムに1つのテーマを持たせるという新しい試みはたくさんの注目を集めました。

その結果、Stevie WonderやDonny Hathawayなどがさらに個性的で完成度の高い作品を発表出来るようになり、それらをニューソウルと呼ばれるようになりました。

また、この影響はBabyfaceやD'Angeloなどの次世代の黒人アーティストにも脈々と受け継がれていきます。

そんなMarvin Gayeも麻薬依存や度重なる結婚の失敗で私生活はどん底に落ちていき、その影響で創作意欲にもかげりが見え始めます。

しかし、ファンなどの後押しでMarvin Gayeは復活し、当時無双状態だったMichael JacksonやStevie Wonderを抑え、グラミー賞を受賞します。

しかし、45歳になる前日に父親と口論になり、父親に銃で撃たれ帰らぬ人となります。

皮肉にも敬愛するSam Cookeと同じ最後を迎えました。


アルバム

本作はローリングストーンの選ぶオールタイム グレイテスト ソング500では4位に、ローリングストーンの選ぶオールタイムベストアルバム500では6位にそれぞれランクインしています。

Marvin Gayeは自分の音楽感を妥協せず貫き、パーカッションとストリングスが多用され、ポップチャート6位、R&Bチャートでは9週連続1位という快挙を成し遂げました。

70年代を代表するソウルの歴史的名盤ですが、今聴いても新しく感じるほどの名盤を是非。



拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]