忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Smith & Mudd / Le Suivant (2009年)



今回紹介する名盤は優良バレアリックレーベルClaremont 56の設立者が組んでいるユニットのアルバムです。

ジャンル

バレアリック
チルアウト
アンビエント

イギリス

Benjamin Smith
Paul Murphy


アーティスト

ジャンルに書いてある「バレアリック」ってなに?って思われる人もいると思うので説明します。

バレアリックとはスペインの地中海に浮かぶバレアレス諸島の島の1つで世界遺産にも登録されている「イビサ島」発祥の音楽なんです。
イビサ島にはバーやクラブが多く、世界中の超有名DJ達がプレイするのでヨーロッパのクラブカルチャーの中心地となりました。

ではどんな音楽かというと、地中海で一番美しい海と称される海岸線に沈む夕日の風景を眺めながら聴く音楽なんです。
かなり抽象的ですが、これ以上の表現は持ち合わせていません。
つまり、心地好い音楽ってことです。

サンセットを楽しみながらバレアリックミュージックを聴ける場所がイビサ島のカフェ・デル・マールというバーで、DJがかける心地好い音楽の影響で世界で最も有名なバーの1つとも言われるほどの観光スポットなりました。

さてSmith & Muddですが、Muddはソロで2007年に発表した「Claremont 56」が高く評価され、同名のレーベルを設立しました。

このレーベルはバレアリック系の美しい音楽を発表することをコンセプトに活動していき、欧州などで月間100万人に及ぶ読者がいると言われるレジデント アドバイザー誌で月間注目レーベルに選ばれたりしました。

Muddはソロ活動やSmith & Muddの他にも制作活動と自身のレーベル運営をこなしながら世界中のクラブやパーティーでプレイしている売れっ子DJです。

SmithはFUGやKost Effectiveのメンバーとしても活躍している実力者なんです。
そして、Smith & MuddはClaremont 56発表の作品の半分以上を占める看板ユニットなんです。

アルバム

本作は哀愁と透明感が溢れる前作「BLUE RIVER」から約1年半ぶりのアルバムになります。

カッコいいリフがあるわけでもなく、素晴らしい歌詞があるわけでもなく耳馴染みのいい美しいメロディーがゆったりと流れるだけなので、若い人には物足りなく感じるかもしれません。

しかし、私くらいの歳になるとこういう物言わない音楽が染み渡るのです。

マーブルチョコレートのようなカラフルな音色ではなく、夕焼け空のグラデーションのような音色なんです。

ジャケットのような薄暗い森の中で焚き火を囲みながら聴くと不思議な世界に連れていってくれるでしょう。

私にとってとてもリラックス効果がある音楽なので心が疲れたり、脳が興奮状態の時によく流してチルアウトしてます。

普段の忙しい日々でアドレナリン出まくりで火照った身体をチルアウトさせてくれる名盤を是非。

Le Suivant


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]