忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Jamiroquai / Travelling Without Moving 邦題 ジャミロクワイと旅に出よう (1996年)



今回紹介する名盤は20世紀最後の大物と評される人物を中心として活躍しているバンドのアルバムです。

ジャンル

アシッドジャズ
ジャズファンク

イギリス

Jason Kay


バンド

これまでに世界中で3500万枚以上の売り上げがあり、Jamiroquaiは1990年代始めのアシッドジャズ界を代表するアシッドジャズの世界で最も成功したグループの1つとされています。

日本でも当時かなり持て囃され売れに売れました。
その結果Jamiroquaiの作品は中古でかなり低価格で手に入れられます。

Jamiroquaiとは即興演奏という意味の「jam」とインディアンのイロコイ族「Iroquois 」という言葉を掛け合わせた造語です。

その影響からなのかライブでのJason Kayの頭にはインディアン的な装飾がなされています。
今でこそJamiroquaiは有名ですがデビュー当初は白人版Stevie Wonderと騒がれました。

黒人的音楽要素をベースに白人のセンスを加えれば、そりゃもう悪いわけがありません。

ブラックミュージックの入り口にぴったりのアーティストだと思います。


アルバム

本作はJamiroquaiの最高傑作と言われるアルバムで、世界中で700万枚以上を売り上げその年のグラミー賞を受賞しています。

Jamiroquaiの代表曲1曲目「Virtual Insanity」はMTV MUSIC VIDEO AWARD 1997において10部門にノミネートされ「Video of the Year」を含む5部門を同時受賞しました。

また、2010年にはこの曲を日清のカップヌードルのCMで使われ話題になりました。

7曲目の「Drifting Along」はレゲエ調のカッティングとうねるベースが気持ちいい曲です。

黒人的センスのグルーヴに白人的センスのメロディーで仕上げた名盤を是非。

Virtual Insanity


拍手[1回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]