忍者ブログ

『私的名盤おすすめ処』

私が聴いて『これは名盤だ!』と感じたものをひっそりとレビューするブログです。

Senking / List (2007年)


今回紹介する名盤はアンビエント界やテクノ界で中毒者を続出させている人のアルバムです。

ジャンル

アンビエント
ダークアンビエント
プログレッシブテクノ
ダブステップ

ドイツ

Capsize Recovery

アーティスト

SenkingはCapsize Recoveryのソロプロジェクトです。

Senkingの特徴はなんと言っても、エレクトロニカやテクノシーンでは珍しくコンピューターを一切使わずにサウンドを生み出すことだと思います。

そのため、細かい音の表現や深い心象を音で再現出来るのです。

Senkingの音世界はゆらゆらと蠢く低音に、極端にスローなビート、そして不穏な雰囲気漂うシンセのサウンド そして、不意に語られるメッセージで構成されています。

よく音楽を聴いて風景が頭に浮かんだり、冷たさや、暖かさといった温度を感じる音楽はたくさんありますが、Senkingの音楽は「重力」を感じます。

Senkingの音楽をかけると周りの物や空気が重く、苦しく感じられるのです。
その重みは時間の感覚までも遅く進むように感じられます。

同じくテクノ系アンビエントでGlobal Communicationの「76:14」は宇宙のような無重力を感じる音世界ですが、Senkingは深海の水圧や押し潰されるような錯覚を感じる音世界です。

アルバム

本作はどちらかと言うとダブステップよりな感じがします。

ビートもはっきりしていますし。

ホラー映画やSF映画のBGMとして使われてもいいような深く暗い音楽です。

失われていく意識の中でこのアルバムを聴いていると深い眠りにつけるはずです。

光の射さない水深何百メートルもの深海の世界ようなシンセサウンドに深く重い水圧のような低音を体験できる名盤を是非。

Crevasse


拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 『私的名盤おすすめ処』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]